サークル

グリーンカレーペースト作り

長く続いた雨も上がってやっと晴れ間が。

週末は屋外で調理実習を行いました。

畑で育てた赤紫蘇とパクチーが収穫時期を迎えたので、活用することに。

赤紫蘇ジュース作りは工程の写真を撮らなかったので、

グリーンカレーペースト作りを紹介しますね。

タイのグリーンカレーはすっかりおなじみになりましたが、このグリーンカレーのペースト、実は手作りするとフレッシュでとっても美味しいのです。

材料のパクチーが大量収穫できたので、実施に漕ぎつけました。

タイ産の緑とうがらしとパクチーをたっぷり使います。

カー、ホームデン、ガピ・・・など入手しにくい食材は日本の食材に置き換えて作りますがお味は本格的なものに。

石臼で叩きつぶす作業はすり鉢で代用です。

にんにく、レモングラス、とうがらし、パクチー他の食材はひたすら叩きつぶします。

みんな無心で、見ているほうはそれがおかしかったです。

これが結構な労働なのですが。


s-P_20170820_130238.jpg

s-P_20170820_130935.jpg

s-P_20170820_131239.jpg

s-P_20170820_131245.jpg

s-P_20170820_131137.jpg

s-P_20170820_131045.jpg


塩、干しエビを加えて水がでてきたら、調合したスパイスを少量加えてペーストの完成。

早速このペーストを使ってグリーンカレーを作り、みんなで試食しました。

s-P_20170820_144148.jpg

s-P_20170820_144210.jpg

市販のペーストとは違った、辛いけど、さわやかなグリーンカレーのできあがりです。

この日の具は豚肉、ズッキーニ、ナスで。

ペーストには油分を含まないので、あっさり仕上がって、もたれることもありません。

しっかりおかわりして、お腹いっぱいで動けなくなりました(笑)

パクチー嫌いなのに参加してくれたSさんが、パクチー大好きになって帰っていったことはうれしかったなあ~

みなさん、ありがとうございました。

そしてお手伝いしてくださったゆみこさん、おつかれさまでした。

またよろしくお願いします。



また計画するのでおいしいもの一緒に食べてくださいね。

興味ある方はぜひ参加してください。

スポンサーサイト

屋外調理実習のお知らせ

8月20日(日)
屋外調理実習 参加者募集のお知らせ
 雨天の場合26日(土)

mugi-18.jpg

*紫蘇ジュース作り*

畑に植えたちりめんの赤紫蘇がそろそろ収穫できます。
ちりめん種のほうが香りも発色も良く高級品とされています。
夏バテ防止にジュースの素をつくりましょう。
出来上がったジュースは炭酸で割ってスカッシュに!凍らせてアイスに!
ミルクで割ったり、バニラアイスにかけても美味。お酒を割ってもイケマス。

予定では1~2リットルお持ち帰り。
当日の紫蘇の収穫量によっては大幅に増量あり。

【持ち物】
・ホウロウかステンレスのお鍋。(お酢を使うのでアルミ製は避けたほうがよい)
(紫蘇をたっぷり加えるのでできるだけ大きいお鍋をご用意ください)
・ざる
・ボウル
・さいばし
・レードル(お玉)
・軍手
・持ち帰り用の消毒済の空き瓶・容器(数リットル入るもの)を。耐熱性であれば尚可。
・エプロン、タオル、帽子、飲み物
・屋外での作業です、暑さ対策をしてお越しください。(保険未加入・怪我等は自己責任でおねがいします)
・参加費1,300円

10:00~収穫~洗浄~製造
11:30 終了

==========

*グリーンカレーペースト作り*

ピッキーヌ(緑とうがらし)がたくさん入った刺激的な辛口カレーペーストを作ります。
できあがったものは通常「グリーンカレーペーストと呼ばれています。(各自で作ったペーストはお持ち帰り)
作業後はフレッシュペーストを使って調理および昼食となります。

【持ち物】
・すり鉢(または石臼)、すりこぎ
100円ショップで売っている小さいすり鉢でも大丈夫です。
・包丁、まな板(牛乳パックなどで代用可)
・ざる
・ボウル
・さいばし、スプーン
・使い捨ての手袋(お肌の弱い方は)
・食事用の器
・ペースト持ち帰り用の容器またはチャックつきビニール袋
・エプロン、タオル、帽子、飲み物
・屋外での作業です、暑さ対策をしてお越しください。(保険未加入・怪我等は自己責任でおねがいします)
・参加費2,000円

12:00~パクチー収穫~洗浄~ペースト作り
調理~食事~片付け
14:00過ぎ終了予定


========

申し込みはHPのお問い合わせフォームからお願いします。
申し込み締め切りは、8月17日17時とさせていただきますが、参加者多数の場合は予告なしで早めに締め切る場合があります。
集合場所(塩梅近くの畑)は申し込みのあった方に別途ご連絡させていただきます。

おいしい 事初め

IMG_20160110b.jpg

12483868_980870445335920_1236724271_n-b.jpg


新年早々ですが、食いしん坊な仲間が集まっておいしい事初めをしました。

つくばねファームさんのいちごを使ったいちご大福、明治乳業十勝フレッシュ100を使った生チョコレートとフルーツと生ハムのオープンサンドをつくりました。

まずは生チョコレートつくり。
来月はバレンタインもあるし、手作りの予行練習(笑)
それぞれが好きなチョコレートを持ち寄り、あたためた生クリームに溶かし入れていきます。

IMG_20160110_115259-b.jpg

はちみつもちょっと加えて、口当たりのよい生チョコレートがあっと言う間に!
固まったら、丁寧にカットしてココアパウダーをまぶして完成。
ギフトボックスに詰めたら素敵なプレゼントになります。
バレンタインには作ってみてね♪


そしてふたつめはいちご大福つくり。
つくばねファームさんに、いちご大福用のいちごをお願いしました。
餡と包むので普通よりちょっと小ぶりのものをお願い。
粒も揃えていただいて、何よりも収穫したばかりのいちごが使えるって贅沢です。

12506481_980870225335942_1676046038_n-b.jpg

おかげさまでおいしい大福ができました。

12483861_980870232002608_184191228_n-b.jpg


餅生地は白玉粉を使用。
翌日でも硬くならずにおいしくいただけます。
なによりもやさしいお味に仕上がるの。

粉、砂糖、塩、水を鍋に加えて練り上げていきます。
砂糖や火の加減、作る人の手加減?などで生地のコシも違ってきます。
(結局みんなおいしかったけど)

IMG_20160110_120927-b.jpg

12506684_980870078669290_6193268_n-b.jpg


IMG_20160110_123824-b.jpg

IMG_20160110_123809-b.jpg

出来上がった生地に餡をまとったいちごを包んでいきます。

途中で試食~♪

IMG_20160110_130556-b.jpg

IMG_20160110_130604-b.jpg

IMG_20160110_130638-b.jpg

お味は~?

言わなくてもこの笑顔♪



さて、本日のランチ。
フルーツと生ハムのオープンサンドをつくります。
これにも生クリームをたっぷり使います。

特別な作り方はありませんが、注意することは材料(フルーツなど)の厚みを均一に切ること。
今回は5mm程度に厚みを切りそろえて、生クリームを塗ったパンに並べていくだけ。
カットのサイズも自由、フルーツのレイアウトも自由。
仕上げにオリーブ、ハーブなどをのせて完成です。

IMG_20160110_132440-b.jpg

IMG_20160110_134522-b.jpg

IMG_20160110_134824-b.jpg

IMG_20160110_135914-b.jpg

IMG_20160110_135921-b.jpg

おいしそうでしょ?
フルーツはもちろんですが、生クリームと生ハムの組合わせがおいしいことにみなさんびっくりしていました。

おしゃべりしながらワイワイ作ってたべて、今年のおいしい事初めは終了。
みなさんありがとうございました。


また近いうちに、ね。


キムチとたくあんを漬けました

20日風もなくおだやかな日曜日。
あちこちから仲間が集まりワイワイ、キムチ漬けとたくあん漬けを行いました。
集まったのはお世話になっている近所の農家さんのお庭。

IMG_0554-b.jpg

IMG_0556-b.jpg

キムチ漬けのために、まずはだいこんやネギの収穫から。
収穫作業も、野菜を井戸水で洗うことも、すべておいしいキムチのため。
がんばりました。

IMG_0567-b.jpg

材料がそろったら、説明を聞いて、作業の開始です。
午前中は白菜の間にはさむヤンニョムつくりとカクテキキムチつくり。
まるで漬け物工場みたい(笑)

IMG_0577-b.jpg

IMG_0593-b.jpg

IMG_0648-b.jpg

IMG_0629-b.jpg

IMG_0719-b.jpg

黙々と野菜を切り作業に集中する人もいれば、おしゃべりしながらの人、いろんな人がいて楽しい。

IMG_0683-b.jpg

IMG_0707-b.jpg

IMG_0634-b.jpg

IMG_0596-b.jpg

IMG_20151220_135501-b.jpg

今年からは自分で漬けようと思ったんだけどやっぱり来ちゃったのよね。
みんなで作るからいいのよね。
買ったものと違って手作りは最高です。
初めて作ったけど楽しい!  などなど。

お昼は豚汁であたたまり、午後からは下漬けしておいた白菜の間にヤンニョムをはさんでいき樽に詰める作業です。

IMG_0704-b.jpg

IMG_0549-b.jpg

IMG_0774-b.jpg

IMG_0772-b.jpg

IMG_0766-b.jpg

IMG_0593-b.jpg

IMG_20151220_135438-b.jpg

IMG_0790-b.jpg

IMG_20151220_135522-b.jpg

きれいに詰めたら、軽く重石をして4,5日で食べ始めることができます。
今年もおいしそうにできました。
今頃食卓に並んでいることでしょう。



そしてキムチの作業の後に
例の練馬中長だいこんでたくあん漬けを行いました。

2週間ほど干しておいただいこんを調味した米糠と交互に樽に詰めていきます。
一緒に干した葉っぱも隙間に詰め、しっかり重石をして食べごろを待ちます。

IMG_20151220_140443-b.jpg

IMG_20151220_140742-b.jpg

IMG_20151220_150517-b.jpg

IMG_0799-b.jpg

IMG_0794-b.jpg

満足そうな笑顔にわたしも満足(笑)

一ヶ月くらい待って食べごろになったら教えてくださいね。

参加してくださったみなさん、お手伝いいただいたみなさんありがとうございました。

差し入れもたくさんごちそうさまでした♪

来年はべったら漬けにも挑戦する予定です。(ある方の希望により)


IMG_0815-b.jpg

 ※当日撮影係を申し出てくださったYさんありがとうございました。

ああ、いい景色。

大根、順調に乾いているようです。

素敵な写真いただいたのでご紹介しますね。

12356138_879747082146587_1930567632_o-b.jpg



たくあん作りに参加予定のみなさまへ

600.jpg

先日の大根堀りおつかれさまでした。
まだ筋肉痛でたいへんな方がいらっしゃるようですが(笑)

さて、たくあん作りについてお知らせします。
当日キムチ漬けの作業もありますので、
たいへんな方には材料とレシピをお渡ししますので、おうちで漬けていただいてもかまいません。

大丈夫だよと言う方(できればみんなで一緒にやりたいです)は、
当日漬けもの樽(桶)、漬けもの用のビニール袋、干した大根をお持ちください。
作業の効率をはかる為、大根の重量を量ってからお持ちいただけると助かります。
樽(桶)については大根を全て入れても上に余裕がある大きさを用意してください。
すごく大きいんだけどーっていうのは問題ありません。

塩分は4~6%くらいで漬ける予定です。
この塩分ですと長期保存にはむきませんので1,2月中、遅くとも3月中に食べきることをおすすめします。
塩分7%以上で漬ければ4,5月くらいまではいけるんじゃないかな~と。(保管する環境にもよります)
このあたりは加減して仕込ます。
できるだけ長く保存したい方は、果物の皮などは入れない方がいいかもしれません。

重石は大根の2~3倍のものが必要です。(一週間くらいしたら半分の重さにします)
おうちでの準備をお願いします。


ではまた。

練馬中長だいこんでたくあんを漬ける

ある人の一声で始まった「たくあん漬けてみよう」

IMG_20151207_105834-b.jpg


うれしいことにたくあんの本までいただきました。(これがまたおもしろい:東海林さだおさんの「たくあんの丸かじり」)




夏の終わりにたくあんにするならこの品種!と言って練馬中長だいこんの種を取り寄せて播きました。

IMG_20151207_135431-b.jpg

穏やかなお天気となった昨日収穫となりました。

これがね、たいへんだった!

青首だいこんと違って引っ張っても抜けない。

掘って、掘ってやっと抜けたとおもったら、先がポキっ。

だいこんというより自然薯掘りみたいでした。

つくる人がいなくなってしまった理由はこんなところにあるんですね。

でもね、食べてみたら繊維質が多くパリパリで美味。

正にたくあん向き! 期待できます。


汗かいて、泥だらけ、夕方遅くまでの過酷な農作業となりました。

手伝って下さったみなさんありがとうございました。

写真撮るヒマもありませんでしたね。


洗って干したので後日一緒に漬けましょうね。

IMG_20151207_110000-b.jpg

IMG_20151207_143837-b.jpg

ちなみに竹竿に干したら折れそうだったので自転車ラックに干しました(笑)


つづく

北海道はうまかったどう

IMG_9472-b.jpg


今日は本当に久しぶりの料理教室でした。

北海道で一本釣りした鮭と、北海道産の濃厚な生クリームを使って料理をしようということになり、

鮭ときのこのクリームパスタレモン添えと、つくばの米粉でつくったもっちり生ロールケーキをつくりました。

米粉でシフォン生地をつくりました。卵黄、卵白を別立てしてふわふわ生地に。

砂糖は4種類持参しました。 きび砂糖や素焚糖、黒糖などを好みで使ってオリジナルのロールケーキに。

ロールケーキはなんと30cm!(ひとり分!)

クリームには黒糖を入れてみよう。生地にはきび砂糖を入れよう・・・ 盛り上がっていました(笑)

生地がおいしかった証拠がコレ。

IMG_9464-b.jpg

乾燥防止のために焼き上がった生地を包んでおいたラップ。

ついている生地をこっそり食べてるの見ちゃった。

わかる、わかる、この気持ち!!!

生クリームもおいしかったですね。

IMG_9465-b.jpg

明治北海道十勝フレッシュ100(乳脂肪40%)を使用。

リニューアルしたみたいで、容器もスタンディングタイプのキャップつきになって使い易くなりました。

それに従来の製品より後味すっきりになっておいしかったです。

生クリームってどうしても食べた後がしつこいと感じるので、

お菓子以外で使用する場合、分量の半分を牛乳に変えてみたりすることが多かったのですが、これならたっぷり使えます。

パスタにもたっぷり使いました。

IMG_9457-b.jpg

北海道の鮭と北海道の生クリーム、おいしいに決まってます!

パスタ、サラダ、ロールケーキ(全部じゃないよ)にコーヒーをいただいてお腹いっぱいで帰宅しました。

みなさん夕飯食べられたかな?(笑)

みんな笑顔の一日でした。

またおいしいもの一緒に作りましょう。(食べましょう)
 

コツコツ作ったグリーンカレー!

久しぶりに料理サークルの活動がありました。

「タイのグリーンカレーをペーストから手作りしてみたい」

とリクエストがあったので石臼持参で会場にむかいました。オモカッタ・・・


その日の朝は早起きして畑でパクチーと空芯菜を収穫。

IMG_0923-s.jpg

IMG_0902-s.jpg


どうせ作るなら新鮮な材料のほうがいいじゃない。


作業に夢中で写真は少なめです。

まあいつものことだけどね。


IMG_0924-s.jpg

IMG_0926-s.jpg

青唐辛子と緑の野菜をベースにグリーンカレーペーストを手作りします。

唐辛子と野菜類をコツコツたたいたあとに、炒ったスパイスを足します。

おっと、蝦味噌も忘れてはいけません。

パクチーの根っこもいい味がでます。

ペーストができあがったら、お肉とかココナッツミルクなどとあわせてグリーンカレーにします。

この日のカレーにはふくろたけ、なす、ピーマン、たけのこを加えました。

IMG_0931-s.jpg


IMG_0935-s.jpg

市販のペーストと違ってフレッシュ感がいいです。

これは食べたことのある人じゃないと違いがわからないのよね~。

IMG_0949-s.jpg

つけあわせは辛い春雨のサラダ、ヤムウンセン。

わたしの大好物。

IMG_0942-s.jpg

それと空芯菜の炒めものでした。


どれもおいしくできました。

みなさんおつかれさま。

また機会があればおいしいものを作ってたべましょうね♪


カレーの日

1年数か月ぶりに料理サークルの活動がありました。

カレーの日でした。

久しぶりにみんなにお会いできてよかった!

IMG_4931-s.jpg

IMG_4932-s.jpg

スパイスをブレンドしてガラムマサラやカレーをつくりました。

う~ん、香りをお届けできないのがざんね~ん。


IMG_4930-s.jpg


同じスパイスを使ってチャイ。

そしてベトナムプリンも。

ココナッツサンバルとれんこんのクミン炒めを作りカレーに添えました。

食べることに夢中で写真がこれしかありません、ゴメンナサイ。



実習の途中、スパイスの香りに引き寄せられた見学者が数名いらしゃいました(笑)


参加してくださったみなさん、

お持ち帰りになったスパイスでおうちでもぜひ作ってみてくださいね。

報告お待ちしています。


やっぱり夏はカレーよね。



いろいろ差し入れしてくださったみなさん、ありがとうございました。