2008年09月

粟(アワ)の収穫

アワの収穫でした。

豊作!











スポンサーサイト

紫蘇の実を漬けましょう。

穂紫蘇が出回っています。

簡単ですから漬けてみましょう。



軸からはずして、塩でもみます。



灰汁がたくさん出るので水でよく洗います。



みょうがもあったので入れてみました。







本漬け用に新たに塩を加えて軽く揉み、冷蔵庫に入れて30分。



もう食べられるよー。



瓜があったのでさらに加えてみました。







新米のごはんとともにいただきたいですね。



紫式部

とはいっても、源氏物語ではありません。



こんなきれいな植物の名前です。

今が見頃。







あざやかな紫色です。





バジルでエスニックなドレッシング作り

バジルをたくさん収穫しました。

今日はエスニック風味のドレッシングにします。







材料は、

バジル、にんにく、サラダ油、ライム、パームシュガー、

水少々、練りごま(またはすりごま)、ナンプラー、お好みのナッツなど



すべてをフードプロセッサーで混ぜるだけです。







刻んだレタスやキャベツや白菜がごちそうに大変身。

蒸し鶏などにもよくあいまーす。









ナンプラーベースのドレッシング

店で人気のサラダ。

ドレッシングもかなりエスニック。



ナンプラーをベースに

ビネガー、ライム、砂糖、青唐辛子、レモングラス、

バイマックルー(別名:こぶみかんの葉とか、カフェライムリーフといいます)

お好みでしょうがやみようがのみじん切りを少々。

マイルドに仕上げるなら、

刻んだトマトや、グレープフルーツなどを加えてもおいしいです。



魚介のサラダにもよくあいます。







雨の中でも元気。

勉強させていただいている大学の農林センターに

市内の小学生が150人ほど見学にやってきました。

案内係りのお手伝い。



牛舎の牛さんたち、雨の中放牧されていましたが、子牛は元気。

子供たちに大人気でした。

















一際歓声があがっていたのが、

落花生の掘り起こし。

なかなか見られるものではありませんから・・・



「えー落花生って土の中からでてくるの~」

「すごーい」



引率の小学校の先生方も興味深々でした。



写真なくてごめんなさい。







秋茄子アレンジ!





秋茄子がおいしいです。

焼いても、煮ても、炒めてもおいしいですが、

エスニックなこんなアレンジはいかがでしょう?



〔材料〕

茄子(小さめのもの)

乾燥ココナッツ(細かいもの)

カシューナッツ

ナンプラー

砂糖

乾燥唐辛子(今回は種ごと挽いたものをつかいました)

サラダ油



分量は適当です。



①ボウルにココナッツ、砕いたカシューナッツ、唐辛子、砂糖少々、ナンプラー少々を入れて混ぜる。





②秋茄子(小さめがよい)に縦十文字に切り込みを入れる。



③茄子に①を詰めてしっかり握る。





④サラダ油を熱したフライパンで焦がさないよう、10分ほど焼いたら出来上がり。



甘くて、辛くて、しょっぱい不思議な茄子料理。

どうぞお試しください。



焼き上がりの写真がなかったです、ごめんなさい。

フルーツたっぷりのタピオカココナッツミルク

先日作ったいちじくのコンポートも入れてみました。

タピオカ、びわ、いちじく、マンゴー入り。

旨っ。









山くらげ

山くらげってご存知ですか?

調理済みの瓶詰めや、お惣菜などで食べたことがある人は

いるかも知れませんね。

(ほとんどの商品が緑色?鶯色?です)



アミノ酸やビタミンが豊富な中国野菜(レタスの一種)です。

日本では乾物が手に入ります。



くらげという名前のとおり、

コリコリとした食感が楽しめます。



乾物を調理すれば色々な味付けが楽しめます。

酢の物、煮物、炒め物・・・ 



一度調理してみることをおすすめします。



写真は山くらげと一緒に卵を煮付けてみました。

ごはんがすすみますよー。











雑穀の収穫

再び、大学で雑穀の収穫作業。















実りの秋です。

この後、はさがけして乾燥します。それから脱穀。



本物の黍(きび)団子を食すにはまだ遠いです。