2012年06月

みんな大好き

IMG_4786-s.jpg


練乳たっぷり、固めに焼いたプリン。

コーヒー味のカラメルがおいしいベトナム風のプリンです。


もう少し暑くなったら、凍らせたアイスコーヒーを砕いてかけてもおいしいのよね。




スポンサーサイト

夏の準備

今年の夏も暑くなるのかなぁ~?

節電にも限度があるし、

今年もせっせとグリーンカーテン用のゴーヤーを育てています。

昨年採取したゴーヤーの種、発芽してここまで大きくなったので

ネットを張りました。

IMG_4788-i.jpg

IMG_4787-i.jpg



早いもので来週はもう7月です。

早く大きくなって涼しくしてね、と願うばかり。


みなさんもグリーンカーテン用に何か育ててますか?

うめしごと①

IMG_4726-s.jpg

南高梅を取り寄せしました。

今年は収量がすくないらしく、例年に比べ高値です。



まずは青梅で梅シロップ作り。

梅を砂糖で漬けこむだけなのですが、

いろんな方法があって、梅は一度冷凍したほうがいいとか、

竹串で穴をあけたほうがいいとか・・・

出来上がりが早かったり良いところもありましたが、

そのまま、丸のまま、手を加えず漬け込んだものが一番おいしい気がします。

時間はかかるけど、香り良く仕上がります。

そんなわけで梅には手を加えなかったので、今年は砂糖を変えて、

てん菜のグラニュー糖で仕込んでみました。

IMG_4731-s.jpg


どんな味に仕上がるか楽しみです。


IMG_4738-s.jpg

やっと草刈りできました

約1カ月、草刈りできずにいたら、あらまぁ庭がすごいことに。

ひと雨ごとに伸びるわ、伸びるわ、塩梅の庭はジャングルと化しておりました。

今日、やっと草刈り完了。

とは言っても、植木の手入れまでは手が回らず相変わらずの状況ですが(笑)

そんなわけでかなり日焼けしました。
(海外旅行で日焼けしたわけではありません。)

日焼けしたついでに明日はゴーヤーのネットを張ろうかと思っていたのですが、

水曜日頃、おおきな台風が上陸するかもしれないとのニュース。

作業はまた先送り。


みなさんどうぞお気をつけて。


みずくさ

120612_083554-s.jpg

散歩の途中、田んぼをのぞいたら緑いろの丸い物体??




近くで見ると、土管に溜まった水の中にたくさんの水草の赤ちゃん。

120612_083606-s.jpg


農薬散布している田んぼではみかけなくなってしまいましたね。

ホタルと同じです。


ホタル同様、水草も大切にしたいですね。

この赤ちゃん多くなったらどんな水草になるのかな。

しばらくしたらまた見てこよう。

大好きなタイのごはん

120527_120700-s.jpg

おかゆです。

店でも時々おつくりしていますので、運がよければ食べられるかもしれません。

「でもおかゆでしょ?」

そう言わずに一口召しあがってみてください。

エスニック好きにはたまらないお味です。

わたしは3杯いけます!←食べすぎですが(笑)


写真のおかゆは鶏ガラベースで炊いたもの。

トッピングに刻みニラ、パクチー、しょうが、揚げニンニク、アーモンド、カシューナッツ・・・

この組み合わせが絶妙なのです。





ごちそうサテー(やきとり)

120531_133733-s.jpg

先日ご依頼いただいたケータリングの一部。

サテー串。

おいしそうでしょ?

ココナッツミルクに一晩漬けこんでから焼いたのでお肉はとってもやわらか。

スパイスたっぷりであとひきます。

ビールにもよくあいますよ。




120531_101158-s.jpg

そのあまりもので、ワンプレート。

わたしのお昼ごはんになりました。

採りたてパクチーたっぷり添えて。


さあ、仕上げ!

一晩水にさらしておいた山椒の水気をよくきっておきます。

鍋にみりん、お酒、しょうゆ、さとうを入れ(砂糖を入れる場合は1/3くらいの量だけを先に入れます、一度にいれると山椒がかたくなってしまいます)、一度煮立たせます。

分量は山椒500gに対して、しょうゆ120cc、みりん100cc、お酒100ccくらい。
お砂糖はお好みの量を。調味料はお好みで加減してください。

調味料が煮立ったら、山椒を加えて柔らかく、味がしみ込むまで煮ます。
水分が足りなくなったら途中熱湯を足しながら、煮汁がなくなるまで煮ます。

120605_112912-s.jpg

120605_122606-s.jpg


冷凍保存もできますので、この時期にたくさんつくって常備しておきましょう。

IMG_4715-s.jpg


妹に佃煮作ったけど食べる?とメールしたら、うなぎなら食べると返信がありました。

うなぎ同様、高価な食べ物なんですけど~~~


この佃煮をつかってちりめん山椒にしたり、魚を煮たり・・・

しばらく楽しめそうです。

佃煮つくり つづき

まず、山椒の実を水にさらしておきます。

IMG_4694-s.jpg

後に、沸騰した湯の中で5,6分茹でます。(ここで重層を加える方もいらしゃいますが、わたしはなしで)

IMG_4695-s.jpg


水にさらします。

そして軸のかたいところをとります。
煮てしまえばあまり気にはならないのであるていどの太さの軸だけとります。

IMG_4699-s.jpg


そして再び水にさらしておきます。

山椒の辛さにもよりますので味をみながら数時間から一昼夜。


IMG_4702-s.jpg

このあといよいよ味付けです。

つづく。

小粒でもぴりりと辛い

山椒は小粒でもぴりりと辛い。


IMG_4692-s.jpg

IMG_4689-s.jpg

IMG_4688-s.jpg


ことわざにはそうありますがこの山椒は大粒です。

和歌山県の有田、紀伊山地の清流が流れる町から届きました。

その名もぶどう山椒。

ぶどうの房のように実がなることからそう呼ばれているそうで他の品種に比べて大きいのが特徴です。

有田といえば有名なのがみかん。

ご存じでしたか?山椒もかんきつの一種なんですよ。


うなぎにかける山椒は完熟したものを使いますが、こちらは未熟な青い実。

佃煮にしようと思います。

ちょっと手間はかかりますが。


工程はまた後日のブログで。