2013年05月

225日寿命が延びました。

今週のいろいろ。


週の半ば、料理教室がありました。

カレーの講座を連続4回ほど担当させていただいています。

2回目となる今週は「札幌スープカレー」を作りました。

国内のご当地カレー作りなんて珍しいでしょ(笑)

IMG_0099-s.jpg

IMG_0098-s.jpg


実はこの講座、講師をしている私が一番年下です。

でもね、みなさん研究熱心で色々質問があり、

私ももっと勉強しなくちゃいけないなって気持ちになります。



スープカレーの完成後、若いんだからいっぱい食べて!と

先輩方が山盛りにしてくれました。

おいしそうでしょ?

IMG_010003-s.jpg


そう、おいしかったですよー。

デザートには初物のすいかを。





初物といえば、昨日はとうもろこしをいただきました。

ゴールドラッシュという素敵なネーミングのとうもろこし。

黄金色に輝く姿に思わず手をあわせたくなりました(笑)

生産者はあの縁起の良いトマト「大安吉日」を作っていらっしゃる根本さん。

朝採のとうもろこしはびっくりするくらい甘かったです。

生でもかじってみたけど、甘~い!

ラップに包んでレンジでほんのすこし加熱するだけで(2分くらい)おいしくいただけました。

でもね大量だったので他はお鍋で加熱しました。

お鍋で加熱しておいしくいただくには、次のような方法がおすすめ。

水の中にとうもろしを入れて火にかけます。

130530_191127-s.jpg


沸騰したら火をとめてふたをして5分くらい待つ。

はい、出来上がり。 簡単でしょ。

すぐに食べない時は、鍋から出したら、あつあつのままラップで包んでね。

これならシワシワになりません。

お肌と一緒です。 お風呂上がりは放っておいてはいけません。

はい、これでしっとり美人に。

130530_192146-s.jpg



そして今日は紫たまねぎを収穫しました。

これも初物。

こんな風に干してみたけど、これでいいのかちょっと不安。

IMG_0117-s.jpg


そんなわけで今週は初物を3つもいただきました。

1ついただくと75日長生きするらしいので

今週はあわせて225日寿命がのびたことになります。

たいへんだわ。





スポンサーサイト

ごきげんなトマト

ごきげんなトマト発見。

130526_100424-s.jpg


いいね!

今日もぬか床をかき混ぜる

きゅうりのぬか漬け。

夏のわたしの大好物です。


130524_143317-s.jpg




ぬかみそを見ると思いだす、友人F君の言葉があります。


それはF君の結婚式での言葉。

もう二十年以上も前のことなのに鮮明に覚えています。




新郎が新婦に贈った言葉

『ぬかみそくさくならないで』という一言。



当時もぬか漬けが大好きだった私には衝撃的でした。

すでにわたしはぬかみそくさかったから(笑)

披露宴会場で、自分のてのひらの臭いをクンクン嗅いだ記憶があります。

(オイオイそういう意味じゃないだろ!)



新郎のその言葉どおり、奥さんは3人のお子さんを産んだ今でもキュート。

ぬかみその臭いじゃなく、薔薇の香りがする素敵な奥さんです。



そんなことを思い出しながら、今日もぬか床をかき混ぜているわたし。


入梅

入梅とは芒種から5日目、

立春から数えて135日目に当る6月11日頃をさすそうです。

暦のうえではこの日を境に、梅雨の季節に入るとするみたい。

なので、実際の梅雨入りの日とは異なるのですね。

関東地方も今日あたり本当の梅雨入りかしら?



じめじめした6月ですがわたしは結構好きです。

雨が多くつまらないかもしれませんが、

ホタルが見られたり、夏野菜がたくさんでてきておいしくなって、

ブルーベリーもいいわね、梅の実もとれるね。

雨がふってもおいしいものがいっぱいです。(結局そこか!)



そんな梅の実が大きくなりました。

青梅を知人の庭の梅の木からいただいてきました。

白加賀です、とってもいい香り。

IMG_0088-s.jpg


IMG_0096-s.jpg


てんさい糖とあわせて「梅ジュース」用に仕込ました。

ジュースができらソーダで割ってのもうかな。

氷をたくさん入れた焼酎にも合いそうですね。

ゼリーのようなひんやりデザートにも。

夏バテ防止にクエン酸を補給です。(夏バテしないんだど)







俺は虫じゃない。


ある日の食卓。


IMG_0049 (2)-s



きゅうりのぬかずけ、水菜のおひたし、茹でたきぬさや、

青梗菜の炒めもの、こまつなの和えもの、石巻のわかめの炒め物。




健康的な緑色の食卓。




家族の一言 

「俺は虫じゃない。」






お気持ち届いていますよ

先日の長文ブログ、たくさんの方が読んでくださったようで、ありがとうございます。

人それぞれおもうところはあると思いますが、どうぞ引き続き支援をお願いいたします。


おかゆさんのお届けが「お茶のみ会」になるお話をしたと思いますが、その会場となる北条ふれあい館さん(田村屋呉服店さん)に5月13日にお届けものがあったそうです。


お店にお客様がいらっしゃったようなので、店蔵の奥から奥様が出てこられたそうなのですが、
すでにお客様の姿はなく・・・

店頭に手紙とペットボトルで作られた容器があったそう。

容器には50円硬貨が1枚枚づつ入っていたそうです。

容器、手にとって拝見させていただきましたが、丁寧に作られていました。紙やテープを組み合わせて合蓋も作られています。


IMG_0068 (2)-s


IMG_0065-s.jpg


-----------

みな様どうぞ
お体にきおつけて
力を合せて
また元気な町に
して下さい

年に3,4回も
つくば登山を
楽しませて
もらっている
私達夫婦です

こんな物ですが
どうぞみな様にと
つくりました 5/13日

-----------

そしてこのようなメッセージ。



ご夫婦がどんな気持ちでこれを作ってくれたのかなと思うだけでじーんとしてしまいました。

この世の中、まだまだ捨てたもんじゃありません。

あったかい人、いっぱいいるんです。



素敵なご夫婦にわたしもお会いしてみたかったな。


そしてありがとうって伝えたかったな。




お気持ち、みんなに届いていますよ~!!



あの日を忘れないでいて。

少し長くなりますが、ご報告を。




昨年の5月におとなりの北条を襲った竜巻。

惨状を目にしたわたしはあの3・11の震災を思い出しました。

友人らとともに炊き出し支援に行った南三陸のあの風景が脳裏に浮かんできて、

それと北条の町の状況がリンクして、胸がザワザワしてじっとしていられなくなりました。

かと言って、肉体労働ができるわけでもなく、やはり食事の手伝いくらいならできるかなと、

とあるところに電話をしてみました。

『支援用の食事は足りてる。十分すぎるくらいで余っているよ。団体で支援してくださる方もいるから今のところ必要ないよ。邪魔になるから。』というお話でした。

そうは言っても何かできることがないかと、落ち着かない日を送っていました。

そんなときに北条の「矢中の杜」さんを被害にあわれたご近所の方のおやすみどころとして一週間開放するので、手伝ってもらえる?と声をかけていただきました。

折り紙をしたり、昼寝をしたり、お茶のんでおしゃべりしたりするおやすみどころです。

わたしは軽食を提供させていただくことにしました。

しかし、

しばらく開放していても竜巻被害にあわれた方が大勢いらしてくださることはありませんでした。

よく考えてみれば・・・家から出られるような状況でないのですから、来られないのは当たり前だったんです。

そんな事にも気がつかなかったんですね。

担当になった最終日は筑波大の学生さんにお願いして、ミズシマさんと一緒に作ったおかゆを被害にあわれたお年寄り宅を中心に配達していただきました。 

来ていただけないならお届けしようと。

すると体調が悪くて寝込んでいらっしゃる方や、困ったことを相談されたりと、支援を必要とされている方がいらっしゃることに気がつきました。

近所のお声かけがどんなに大切かを知りました。

おやすみどころの活動は一週間で終了してしまったのですが、やはり心配だったので、一緒に活動してくださったミズシマさんに相談をしたところ、「わたしも同じ気持ち、一緒にお年寄りのお宅におかゆを配達しよう」ということに。うれしかったです。

おかゆのお届けもそうですが、何か困ったことがないか、お元気でいらしゃっるか、お声かけが必要だと思ったのです。

でも、どこのお宅がお年寄りのお宅かもわからないし、見ず知らずの人が突然食事を届けても不審なだけだし・・・

そこで北条のまちでボランティア活動をされているタケモリさんとシライさんにお願いして、わたしたちの作ったおかゆとおかずの配達をご協力いいただくことになりました。


IMG_0061-s.jpg


地元の方が一緒なら心強いです。

そしてそのことを知った農家さんがお米や野菜を時々提供してくださいました。

おかゆを持って一件一件たずねてみると、不安なこと、怖かったこと、色々なことをお話してくださいました。

そうやってわたしたちに話すことで自分の中にある不安な気持ちを吐き出して、

心が軽くなっていただけるのだったら力になりたいなと思って配達を続けてきました。


当時、十分に足りていると聞いた食事の支援も、あるお宅ではおにぎり1個しか食べられなかったとか、食べられない時もあったとか。

支援なんて何日もきてもらえなかったよと、伝え聞いていた話とはまったく違った状況でした。

どうして、震災のときと同じように自分の目で確かめなかったのか、協力ができなかったのか、本当に悔やまれました。そしてそんな状況があったことがとっても悲しかったです。

おかゆの配達は、被害にあわれたお年寄りのためにはもちろんですが、当時なにもできなかった自分を許してほしかった償いのような気持ちで続けていたのかも知れません。


秋になり北条の町は静かになりました。

ボランティアさんの姿もみかけることはなくなり、シートで覆われた修繕中の建物と建設業者さんだけが目立つようになりました。

それでもひっそり配達を続けていると、

北条の町にはあれほど来ていた議員さんも役場の人もみんないなくなったよ。そんなことをずっとしていてあんたたちは選挙にでもでるのかい?って。(まっ、冗談まじりですが)

そうだねーって言っておきましたよ(笑) 



ある方は涙を流しながら、手をにぎってくださって、

本当にありがとう。おかゆなんて病気の時に食べるものだと思っていたけど、

こんなにもあたたかくって体と心にしみる元気がでる食べ物だったなんてしらなったわ。ありがとうって何度も。

わたしたちも人の温かさにふれることができ、うれしかったです。


こうして不定期に続けていたおかゆの配達、あれから一年がすぎ昨日の配達をもって一区切りとさせていただきました。

毎回わずか20食くらいのおかゆ配達でしたが、次回からはふれあい館(田村屋呉服店)さんで『お茶のみ会』に形をかえてつづきます。

いままではお家にお伺いしていましたが、ふれあい館さんにみんなで集まっておしゃべりしたり、歌ったり、情報交換などをして元気に過ごしていただけたらいいなと思っています。



お茶のみ会 6月18日(火)14時~  ふれあい館(田村呉服店)

タムラさん、場所を提供してくださってありがとうございます。 



こうした活動はタケモリさん、シライさんはじめ地元北条の方に引き継いで、長く続けていただけたらわたしたちもうれしいです。

復興支援とは細く(太くでもいいんですね!)長く続けていくこと、そして忘れないことだと思います。



今日こうしてやっとみなさんに報告することができてホっとしました。

ミズシマさん、タケモリさん、シライさん、応援してくださったたくさんのみなさん本当にありがとうございました。






これからもあの日を忘れないでいてください。








  まとまりない文章を最後まで読んでくださってありがとございました。

路地いちご

今日は暑かったですね~

陽が暮れるのを待って、

いちごつみに近所の畑まで出かけました。路地ものです。

農家さんのご好意で自家用のいちごをわけていただきました。

もちろん無農薬。


IMG_0072 (2)-s


筑波山を眺めながらいちごを頬張る。


130521_180548-s.jpg


あー幸せ。

ありがとうございます。



かき氷用のソースにしようと思います。









色合いが地味ですが、

簡単なおつまみご紹介します。



出張のお仕事から帰って「ふぅ~」

おつまみでも作って、何か呑もうかな~

ってことで、冷蔵庫の在庫と相談して簡単なおつまみ作りました。


IMG_0035-s.jpg

鶏レバーとこんにゃくの煮物。

お醤油と砂糖とみりんで甘辛く煮込んだだけ。

生姜を添えていただきます。

翌日、残った煮汁をごはんにかけて(生卵添えて)食べてもおいしいです。



IMG_0038-s.jpg

こちらははんぺんのてんぷら。

はんぺんに塩気があるので、何もつけずにそのままいただきます。

衣はサクサク。中はしっとり。おいしいですよ。

フライほど重たくありませんのでぜひ作ってみてください。

本当はひきわり納豆をはさんで揚げたかったんだけど、冷蔵庫になかったの残念。


IMG_0036-s.jpg

そしてアスパラのぬか漬け。

先日の女子会の残りのアスパラ3本を漬けておきました。

おすすめです。



だいこんの梅おかかあえも。

普通においしいです。

IMG_0033-s.jpg


ありあわせで作ったとはいえ、それにしても色が地味だわ~。

女子むけのつまみじゃないわね(笑)

まっ、いいか。

では、いただきます。

ぐぃ~っ。





オホーツクのアスパラを堪能、再び。

昨夜、アスパラ研究会(ただ食べるだけ!)を開催しました。

山麓の女子会です。乙女!? 4名でアスパラを頬張りました。

北海道の「津別(網走)」から届いた極太のアスパラ。

先日、目にしたにもかかわらず、また箱を開けてびっくり(◎o◎)

何度見てもおどろく大きさ。

みんなで大歓声。わぉー!

お手配してくださったゆかりちゃんありがとうございます。

IMG_0019-s.jpg

ざるにのせて写真をとったけど、いまいち大きさが伝わらない。

近くにあった500mlのペットボトルを並べ、再度撮影。

IMG_0023-s.jpg

わかりますか?この大きさ?すごいでしょ。



早速調理していただきました。

肉巻きと衣少なめのフライ。

IMG_0025-s.jpg

IMG_0026-s.jpg

あと、写真とりわすれちゃったけど、先日感動したアスパラご飯。

(前回の写真でごめんなさい。)
IMG_0014-s.jpg

やっぱりこれが一番おいしいかな。

アスパラ本来のうまさが堪能できます。

アスパラのあま~い香りもたまりませんでした。

肉巻きやフライは口にいれるとアスパラのジュースが溢れ出ます。

北海道からだったので収穫から2日経っているとはいえ、とってもみずみずしかったです。

いったい採りたてはどんな味なのでしょうね。

乙女たちから他にもたくさんの差し入れをいただき、おいしくてたのしい女子会になりました。

元気をもらいました。ありがとー!


今回いただいたものはハウス物ですが、このあと露地物がでるそうです。

ハウス物に比べて大きさは少し小さくなるそうですが、味は濃くなってとってもおいしいそうです。

そんなわけで、後日みんなで注文することに。



あまり教えたくないけど・・・・

食べてみたい方は、津別の池田ファームさん(エコ・ファーマー)まで。

y-ikeda★agate.plala.or.jp(★を@にかえて送信してください)

ハウス物 L~3L混 1キロあたり 1,800円
露地物 M~2L混 1キロあたり 1,200円

送料、箱代別途

ご注文は1キロからだそうです。



あっ、言っちゃった(笑)