2013年06月

旬をすぎましたが、

冬から春にかけての甘いブロッコリーの旬はすぎましたが、

涼しい地域からのブロッコリーがまだスーパーに並んでいますね。


味は春先に比べると劣るので、こんな風につぶして茹でたまごと一緒にマカロニサラダに加えました。

IMG_0156-s.jpg


やわらかめに茹でてつぶしてソースのようにつかうと意外とおいしいんです。

半つぶしにしてパスタのソースすると旨みがでて、おいしいソースになります。

グラタンのホワイトソースにまぜてみてもいいかも。

スポンサーサイト

ほうれんそうのカレー

話が前後してしまいますが、

先週木曜日はカレー講座(全4回)の最終日でした。

ほうれんそうを使ったカレーをご紹介させていただきました。

当初はごはんと一緒にいただく予定だったのですが、

参加者のみなさんの希望でナンをつくることにしました。

写真を撮り忘れちゃったのですが、

タンドールのかわりに、熱した中華鍋で上手に焼きました。

カレーをつけて食べる他に、

IMG_0268-s.jpg


こんな風に野菜やソーセージと一緒に巻いて、気軽にいただくのもいいでしょう。

ナンの簡単レシピはこちら。

ビニール袋の中で材料をまぜてからとりだすと便利です。

<材料> 2枚分
強力粉  150g
薄力粉  100g
ドライイースト 3g
塩 ひとつまみ
砂糖 大さじ1/2
バター 大さじ1
牛乳または水 150cc
バター(仕上げ用)小さじ1くらい

COOKING
1 ビニール袋の中ですべての材料(仕上げ用バターを除く)をまぜ、ひと固まりになったら取り出し、表面がなめらかになるまで捏ねる。
2 表面をなめらかにしてふんわりラップをかけて休ませます。
3 2倍程度に膨らんだら(室温にもよりますが40分~)、ガスを抜き再び10分ほど休ませます。
4 フライパン(または中華なべ)を熱し、手で広げた生地を焼く。中火~弱火で両面焼きます。
5 皿にとり、表面に仕上げ用バターを軽く塗っておきます。


ピザ生地として利用してもよいでしょう。


おっと、肝心なカレーを忘れていました。

IMG_0270-s.jpg


この一皿分でほうれんそうがおよそ1束分入っています。

体よろこぶカレーです!

『青いトマトに恋してる』 ご参加ありがとうございました

先週、急きょ決まって募集をさせていただいた援農イベント「青いトマトに恋してる」が無事に終了いたしました。

急な募集でしたが、お集まりいただきありがとうございました。

筑波山麓周辺の活性化を願う、地域の女子グループが「チーム36(山麓)」と名乗り、

はじめて開催した援農イベント。

今回はつくば市大曽根でトマトを生産している、女性農業士の根本さんを応援させていただきました。

根本さんは大安吉日というおいしいトマトを作っていらっしゃいます。

そのおいしさにたくさんのファンがいると聞いております。

わたしもそのひとりですが。

残念ながら大安吉日も出荷が終わり、ハウスの中の片づけをしなくてはいけない時期になりました。

しかし、まだまだおいしいそうな実がたくさんなっています。

一般向けの出荷は終わっても、加工用のトマトの収穫がまだあるそうです。

青いトマトもたくさんなっていて、それらを収穫してしまわないと、ハウスの片づけが終了しません。


ならばみんなで収穫しようよ。 

そしてその調理法も伝授して、ついでにおいしいトマト料理も食べちゃおう!

ってことで今回に至りました。(単純で勢いのみですがそれもイベント運営には大切なこと!?)



本日の様子をご紹介します。

まずはみんなで集合して(集合場所にはスタッフ手作りの看板!)、根本さんのハウスに向かいました。

DSCN0365-s.jpg


今朝は気温が低めだったので、絶好のトマト収穫日和と思ったのは甘かった!

やっぱりハウスの中は暑かったです。

シーズン終わりのハウスの中は、なんだか森の様。


DSCN0373-s.jpg

DSCN0371-s.jpg


ハウスに入って現場を体験することで、いつも食べているトマトがひと味もふた味も違ってくるのではないでしょうか。

そして袋いっぱいのトマトを収穫して、みんなで満面の笑み。

DSCN0388-s.jpg





その後場所をかえて、「食する作業」に移りました。

青いトマトはハーブやスパイスを加えてピクルスにしましょう。


IMG_0244-s.jpg

IMG_0247-s.jpg

IMG_0252-s.jpg


IMG_0272-s.jpg

実際はデモのみで、材料をお持ち帰りいただきました。



そしてお待ちかねのお昼ごはん。

収穫したばかりの完熟トマトと夏野菜をつかって、かわりそうめん。

作業を分担してみんなで完成を目指します。

トマトの他の材料は、にんにく、なす、ズッキーニ、アーリーレッド、ルッコラ、バジル。

山麓の畑で採れた無農薬の野菜とハーブです。

オリーブオイルで炒めたり、細かく刻んで、ボウルにあけておきます。

IMG_0273-s.jpg

味付けは根本さん特製のケチャップと塩こしょう、レモンのしぼり汁を少々。

茹でて水気をきったそうめんを具と和えて、オリーブオイルをかけて完成。

薪窯で焼いたイタリアパンを添えていただきました。

IMG_0274-s.jpg

IMG_0276-s.jpg


お肉は使わず、野菜のみでしたが、旨さがじんわりしみるおいしいそうめん料理になりました。

そして手作り赤紫蘇ジュースやコーヒーをのんだり、談笑しながら楽しい時間を過ごしました。

こういう、ゆる~いイベントもいいなと思いました。


7月にも援農イベントを計画しています。

今度はブルーベリー農家さんを応援する企画。

詳細が決まりましたらお知らせいたしますので、

またご協力、ご参加いただけたらうれしく思います。

みなさんありがとうございました。

準備不足だったところはゆるしてね。

ほたる舞う季節になりました。


家の庭にもたくさんのほたるが。

この地域は別名「ほたるの里」とも呼ばれています。

山の恵みのきれいな水があるからこそ、

素敵なショーが見られるのだとお山に感謝しています。



ほたるを観賞したいというお客様に時々場所を聞かれます。

しかし、ここに場所を書くことは控えさせてください。

マイカーでの見物が殺到して、ほたると周辺住民のの生活環境が脅かされるからです。



マナーを守って観賞していただける方にだけ、ご来店の際にこっそりお教えします。

懐中電灯や携帯電話のあかりでも観賞されている方にはとってもご迷惑になることご存じでしょうか。

車のヘッドライトを点して近くまでお出かけになることも迷惑行為です。

付近にお住まいの方がいらっしゃいますので、お静かにお出かけください。

人間とほたるが共存していくためのお願いです。



ほたる舞う素敵な夜は例年ですと7月10日頃まで続きます。

お出かけの際は長そで長ズボン、スニーカーまたは長靴で。

お天気や気温、風に影響を受けますので、

乱舞するほたるが毎日見られるわけではありません。

ほたるも気まぐれなんです。

わたしと同じ。





昨日はなつかしのラーメン、今日は職人のパン。

先日八郷にオープンしたイタリアパンの店『Panezza』

古い農家の蔵の中につくられた薪窯で、

小麦と塩と水のみを主原料とするこだわりのイタリアパンが焼かれています。

プレーンなもののほかに、レーズンが入ったもの、オーガニックなクルミが入ったもの、オリーブの入ったものがあります。

プレーンとレーズンをいただきました。


IMG_0234-s.jpg

ずっしりとした生地。

噛めば噛むほど小麦本来の味と香ばしい香りが楽しめます。

ちょっとだけ味見するつもりだったのに、

気がついたら原型をとどめない形になっていました(笑)

シンプルな材料だけに、職人の力があらわれたパンだと思います。

酵母も小麦からご自身で育てていらっしゃるそうです。

すごいこだわりですね。



こちらのパン、エスニック料理にあわせてご提供しようと考えていましたが、

(ベトナムにはフランス領時代のなごりから、パンを使ったおいしい料理がたくさんあります)

試食してみて、素直にチーズや煮込み料理にあわせてご提供するのが一番おいしいと思いました。

オリーブオイルには本当によくあうパンでした。

このパンにあう料理を考えたいな。

同じ職人!?として負けていられないわ!(笑)


これからもおいしいパンを焼いてくださいね。



卸売りが基本。400gと800gサイズのパンになります。

これからは一般むけに予約販売もされるとおっしゃっていました。


【お問い合わせ】

メール:panezza3104☆ozzio.jp(☆を@にかえて)

念願の、中華そば。

いきなりですが、ラーメンのお話。

最近はつけ麺だとか、こってり、濃厚、魚介系とか、

スタミナ系のラーメンが多いですね。

すするというより、しっかり噛むみたいな(笑)

日本そばもしっかり噛む田舎そばより、のど越しを楽しむおそばのほうが好きです。

そんなわけで、

ラーメンもシンプルな中華そばみたいなのが好きなんです。



最近、友人があるお店を教えてくれました。

下館の「たまや」さん。

IMG_0223-s.jpg

あっ、のれんに中華そばって書いてある!

素敵なお母さんが作ってくれると聞いて行ってきました。

その言葉通り、お母さんの人柄があらわれた「やさしい味のラーメン」でした。

私がいただいたのはワンタン麺。

IMG_0228-s.jpg


野菜をベースにしてるのかな?

まろやかなスープと、珍しい鶏のチャーシュー。

なつかしい味でした。おいしかった。


お母さん、お店はじめてどのくらいになるんですか?とたずねると

厨房の奥から顔をだして「50年だね。」と笑顔。


下館って結構古いラーメン屋さんが多いのですね。

「たまや」さんの事を知って、友人に界隈のラーメン屋さんのことを聞いたら

いろいろなお店を教えてくれました。

友人らを誘ってまて行こうと思います。


今度しもだてラーメンめぐりをしてみようかな。

などと思った夜でした。


ごちそうさまでした。



梅仕事、庭仕事

梅しごと、第二段は梅酒の仕込。

先日仕込んだ梅ジュース用のシロップはもうおいしくいただくことができます。

ソーダで割ったものが好きだな。

IMG_0178-b.jpg

おいしいですよね。



そして今日は梅酒の仕込。

IMG_0214-s.jpg


今年はブランデーで仕込もう!と近所の酒屋さんまでブランデーを買いにでかけました。

えっと、4リットル必要ってことは、この瓶が6本だな、えっ?ムリムリ。

財布と相談してやはりホワイトリカーになりました。

全量じゃなくて、少しだけブランデーで仕込めばよかったかな~(反省)

でもね、かわりに梅の実を多めに仕込んでみました。

秋には飲めるかな。




午後からは出遅れたグリーンカーテン用のゴーヤーをやっと定植しました。

先日降った雨のおかげでぐ~んと葉を広げて大きくなりました。

水の力ってすごいですね。

IMG_0219-s.jpg

IMG_0217-s.jpg


早く大きくなって涼しくしてね。



そしておまけ。

夕飯を作っていたら、こんな笑顔に会いました。

きゅうりとしては不合格な品かもしれないけど、

思わずにっこり。

IMG_0205-s.jpg



相変わらずまとまりのない話ばかりでごめんなさい。

暑さに負けず、今日も元気にまいりましょう!



今週末の「青いトマトに恋してる」お申し込みは20日までです、よろしくおねがいします。

青いトマトに恋してみませんか?

チーム36(山麓)援農ツーリズム


いつもお世話になっている農家さんを応援しようという山麓の仲間の取り組みです。

ボランティアで開催しますので応援よろしくお願いいたします。


今回は女性トマト農家さんを応援するイベント!



名付けて『青いトマトに恋してる』



素敵なタイトルでしょ(笑)

わざわざ青いトマトを収穫してピクルスを作るんです。

もちろん真っ赤な木成りの完熟トマトも収穫できます。


以下ご覧くださいね。

トマトピクルス-s 画像拡大

6月22日(土)9:30~13:00

スケジュール

09:30 大穂交流センター(旧 大穂庁舎)駐車場集合

09:45 根本トマト園(大曽根)に移動

10:30 摘み取り終了、働く婦人の家(沼田)に移動

11:00 青いトマトのピクルス作り講習会
     赤いトマトの昼食会 

13:00 解散 
     解散後は筑波山麓を散策してお楽しみください



・十分な飲み物、タオル、帽子、軍手、エプロン、ふきん、台ふきん、ごみ袋をご持参ください。

・汚れてもよい服装でお出掛けください。

・履物はスニーカーまたは長靴。

・施設間の移動はご自身でお願いします。

・ピクルスの講習会はデモンストレーションとなります。

・昼食は赤い完熟トマトを使った麺料理をご用意します。(できれば一緒に作りましょう!)

・摘み取ったトマトは4キロお持ち帰りができます。

・終了時間はあくまでも予定です。お時間に余裕をもってお出かけください。

・参加費用 おひとりさま2000円

・トマトの収穫のみでお帰りになることもできますが費用は同じです。

お申し込みは 問い合わせフォーム よりお願いします。
ご住所、お名前、年齢、連絡先、メールアドレスをご記入の上、
メールタイトルを『青いトマトに恋してる』としてお送りください。

締切:6月20日(木)
6月21日よりキャンセル料金が発生します。(21日50%・22日100%)

けが等は自己責任でお願いいたします。
ご心配な方はご自身で保険に入るなど対応してください。




※トマト農家の根本さんご本人もブログに今回の企画について書いてくださっています。



納豆大福

わたしの好きなもののひとつに「納豆」があります。

我が家の冷蔵庫には必ず入っている食材のひとつです。


今日は思いがけないプレゼントをいただきました。

なんと!

納豆大福!(◎o◎) わーい!

ん? よろこんでは見たけれど、

だ、だ、だ大福???

恐る恐る食べてみたら


これがおいしい!



考えてみれば、餅=米=ごはん ですからね。

そぼろ納豆が入ってしっかりしたお味になっています。

よくある納豆餅のような、お餅に醤油を混ぜた納豆をからめたものとはぜんぜん違います。

餅と中身のバランスもいいですね~

恐るべし納豆大福。

どこで販売されているのかな? とパッケージを見たら、

友部のサービスエリアで販売されている限定商品のようです。

見かけたら食べてみてください

IMG_0202-b.jpg

ごちそうさまでした!

またいつでも大歓迎でーす。






出遅れました

IMG_5288-s.jpg

写真は去年のグリーンカーテン。




ゴーヤーカーテンを手掛けて数年ですが、


今年は出遅れました(汗)


IMG_0168-s.jpg


種まきが遅れて、

やっと芽が出て、ここまでになりました。


そろそろ定植しようと思います。


暑さが厳しくなるまでにカーテンになるか心配です。

実ができたらまた怪しいものに加工してみようとおもいます。

(去年はかき氷用のソースにもしてみました)



みなさんのお宅でも何かグリーンカーテンを作っていますか?