2013年07月

とった!食べた!つかまえた!

チーム36主催のつくばの夏をひとりじめ!というイベントに参加してきました。

とは言ってもスタッフで(笑)


昨日の豪雨がうそのよう、朝から晴れ渡りました。

朝9:30の集合にもかかわらず、たくさんの人が集まってくれました。

都内の方、大阪の方、水戸からも!

ありがとうございます。



みんなでブルーベリーの圃場にお邪魔しました。(こちらは観光農園ではありません)

圃場には約400本の木が植えられています。

品種も数十種類あり、様々な味と大きさのブルーベリーが堪能できます。

500円玉くらいの大きなもの、桃の味のような小粒のもの、甘酸っぱいもの・・・

どれもおいしいです。

そして無農薬で育てているので、安心していただくことができます。

お腹にしっかり納めたあと、1パックおみやげをいただきました。

DSCN0429-s.jpg

DSCN0431-s.jpg

DSCN0407-s.jpg



DSCN0433-s.jpg

この日のお楽しみはブルーベリーだけではありません。

かぶとむし採り放題です。

大人も子供にかえったように夢中になって採集していました。

DSCN0415-s.jpg

DSCN0419-s.jpg


ほら、こんなにたくさん!

おいしいブルーベリーの木にはかぶとむしも寄ってくるのです。

ブルーベリーより、こちらが目的だった方もいたようで・・・



そしてつかれたらかき氷を食べて休憩です。

この日のかき氷は日光天然氷をつかった贅沢なもの。

ブルーベリーソースはもちろん、いちごやあんずなどの手作りソースも登場。

かき氷機もレトロな手回し機で(塩梅から持参しました)、

天然氷のおいしさを引き立てました。ふわっふわでした。

DSCN0411-s.jpg

DSCN0410-s.jpg

元野球少年のYさんが氷かきで意外な?力を発揮して下さり助かりました。

氷かきの後は、肩をアイシングしなくちゃなんて言いながら(笑)

おつかれさまでした、ありがとうございました。

DSCN0421-s.jpg

DSCN0434-s.jpg


暑い中おつかれさまでした。

本日ご参加いただいたみなさま、ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。

チーム36では秋頃またイベントを計画しています。

またご案内しますので、よかったらご参加くださいね。

スポンサーサイト

ブルーベリー畑で朝食を

こんにちは。あいかわらず更新が滞っておりすみません。

130726_081018-s.jpg


今朝はタイトル通り、ブルーベリー畑で摘み取りしたあとに朝食を食べました。

働いたあとの食事は特においしいですね。(働かなくてもおいしいけどね)


28日(日)にこちらのブルーベリー園でイベントがあります。

山麓の女子グループが主催しており、わたしもお手伝いしています。


<ブルーベリー食べ放題+かぶとむし採り放題+天然氷のかき氷のおやつ+ブルーベリーのおみやげつき>

楽しい内容になっています。

終了後にくわしく報告しますね。












南九州 珍道中⑥

やっと最終回です(笑)


さて出発前に、朝ごはん。

宮崎のビジネスホテルに泊まったのですが、朝ごはんがおいしいと評判のホテルでした。

宿泊者以外も朝ごはんを食べに多くの人がやってきていました。

手作りのおかずがたくさん!

IMG_0611-s.jpg

よくばってお皿に盛りつけたのでおいしそうにみえませんね^_^;

奥の厨房でつくられた出来立てのおかずが次々と運ばれてきます。

出来合いではなく、お母さんの味。 おいしかったですよ。

ビジネスホテルもいろんなサービスをしているんですね。



この日の夜の宿泊予定は霧島でした。

特に予定はないので、宮崎⇔霧島の移動だけではつまらないので、半島を南下しようということになりました。

海岸沿いにモアイ像があるというのと、南下する際の海岸沿いの風景がすばらしいと聞いていたので、都井岬まで行って、そこから霧島に戻るロングドライブです。

雨が時々降っていましたが、車だったのでさほど影響もなく、暑くなくて助かりました。


海岸沿いを走っていくと、まず見られるのが鬼の洗濯板と呼ばれる奇勝です。

IMG_0615-s.jpg

浸食によって形成されたギザギザの海岸地形。

波の力ってすごいなあ。



さらに南下すると、ありましたモアイの看板。

???

サンメッセ日南の文字・・・

あっそうですか、レジャー施設の中だったんですね。

車で通って横目で見られるのかと思っていたら・・・

はい、入場料ですね、ここまで来たら仕方ない。

お金払ってみていきましょう。

IMG_0629-s.jpg

ありました、ありましたモアイさん。

イースター島の長老会が世界で唯一認めたモアイ像だそう。

向かって右から二番目は金運がよくなるモアイ像だとか。 よ~く拝んでおきました。

あれ?モアイ像って拝むもの???

よくわからないままモアイ像をあとにして、

日向灘の断崖絶壁に建つ鵜戸神宮へ向かいました。

写真で見てすばらしい景観だったので行ってみたかったのです。

鵜戸神宮は自然の岩窟の中に設けられた神社で、神社としては珍しく、本殿に至るまでの道が下り坂になっています。

IMG_0683-s.jpg

IMG_0657-s.jpg

IMG_0665-s.jpg

おそるおそる階段を下って本殿に向かいました。

ここにも願い事が叶えるための運だめしがあります。

IMG_0672-s.jpg

運玉という粘土を丸めたものを買って、御姫様がのってきた亀が岩になったという亀石の背中の枡形の穴へ運玉を投げ入れます。

みごと入れば願いがかなうというもの。

もちろん入りましたよ(^^)v

以前は、お金を投げ入れていたらしいのですが、磯にお金を拾いにいく子供がいて問題になったらしく今はこの運玉になったそうです。

鵜戸小学校の児童が作っているんですって。



さてさて、鵜戸神宮を後にして更に南下します。

IMG_0695-s.jpg

IMG_0696-s.jpg

IMG_0691-s.jpg

道の駅なんごうでお昼ごはんをたべて、腹ごなしに公園を散策。

丘を登ったり下ったりかなりの運動量でした。


IMG_0689-s.jpg

そして目的地の都井岬へ。

都井岬は野生馬で知られるところです。

軍用馬として放牧を始めたものが、後に野生化したそうで、国の天然記念物になっているそう。

繁殖地でもあるみたいです。

どこにでもいて、車より馬が優先なんですね。

のどかです。

IMG_0703-s.jpg

IMG_0705-s.jpg

IMG_0713-s.jpg

IMG_0726-s.jpg



さて、都井岬まできたので霧島、再び鹿児島へ向かいます。

霧島は龍馬とお龍が日本初の新婚旅行をした土地だといいます。

傷によく効く温泉につかったり、登山をしたり。

霧島神宮にも参拝したそうです。


IMG_0736-s.jpg

IMG_0734-s.jpg

ならば、やはり霧島神宮へ。

とは言ってももう夕方。あわてて参拝をすませました。



そして霧島の宿へ。

IMG_0766-s.jpg

温泉の湯けむりが遠くからでも見えます。

IMG_0755-s.jpg

途中にある丸尾滝です。温泉が流れ込んでいるので滝壺が青白くなっています。



宿泊したお宿、なんと鹿児島唯一の薩摩焼酎セラーがあるのです。

鹿児島県内120社の蔵元より170種類以上の薩摩焼酎がそろっています。

全てをワンショット販売していて、おちょこの他黒じょかでもいただけるんです、すごいです。

kirishima.jpg


レストランで黒豚料理と一緒に焼酎をいただきました。

IMG_0741-s.jpg

IMG_0747-s.jpg

黒豚の焼酎煮。(現地ではとんこつって言っていました)

IMG_0748-s.jpg

シチュー。

IMG_0742-s.jpg

そしてしゃぶしゃぶ。

どれもうんまか。

料理も焼酎もすすみますね。

よかねー鹿児島。



夜が明け、再び鹿児島空港へ。

チェックインを済ませ、空港入り口にある足湯でゆっくり。

IMG_0774-s.jpg

IMG_0775-s.jpg

いいですね、こういうサービス。

バス停に西郷さんのバスが停まっていました。

かわいい。

IMG_0780-s.jpg




今度は温泉三昧したいな。

南九州、風光明媚で食事もおいしかったです。

焼酎もね。

なによりも人があったかでした。



今回利用した航空会社はジェットスター

今なら、成田発 ⇔ 鹿児島 片道5490円です。
(ちなみに新幹線だと 東京⇔静岡 片道5650円)

浮いた交通費でおいしいものがいただけますよ~。



長々とつまらない話を最後まで読んでくださってありがとうございました。

南九州 珍道中⑤

さあ、宮崎にいくぞー!マンゴーだ!カレーだ!


カレーって?



実はね、鹿児島のすぐとなりの都城っていうところにあるカレー屋さんでカレーを食べようと、

これだけは出発前から決めていたのです。

というのも、「カリー専門店トプカ あいもこいもかふぇ」のオーナーシェフの鳥丸さんを

知人がフェイスブックを通じて紹介してくださってお世話になっていたのです。

地域の活性化や商品の開発、子供たちのためにと様々な活動をされていて、

尊敬できる素晴らしい方。

お会いして、おいしいカレーを食べながらゆっくり話ができたらいいなと。


それと偶然なのですが、私の友人がカレーが大好きで、

全国のカレーをお取り寄せしていて食べていたのですが、

その中で一番おいしかったのが、この鳥丸さんのカレーだったのです。

このことを友人から聞いて、ますますお会いして(というか、カレーに目がくらんだ!?)

みたいなという気持ちになったのでした。


さあ出発だ!宮崎へ!

と勢いよく出発したものの・・・おみやげを選んだり、寄り道したりで、

トプカさんに着いたのは14時近かったかな。



鳥丸さんこんにちは!

お会いしたかったです!



素敵な出会いにホントはとっても感動したんだけど、何だかちょっとはずかしいのと、

時間がなくなちゃって、あわててカレーを注文するハメに。

わたしはもちろん行く前から決めていた名物のチキン南蛮カレー!

連れはランチの宮崎和牛カレーのセットを注文。


カレー専門店らしくない(あっ失礼)、高級感あふれる素敵なお店。

デザートもたくさんあって夕方はカフェタイムになるみたい。

家族でもカップルでも楽しめそうな素敵な空間でした。


おいしいそうなカレーが運ばれてきました。


和牛カレーのランチのセット。

IMG_0545-s.jpg

IMG_0547-s.jpg

おおきなお皿にフライまでついています!



こちらは念願のチキン南蛮カレー!

IMG_0548-s.jpg

知っているチキン南蛮とは大違い。

しっとりお肉で、マイルドなお味。

タルタルソースもカレーを邪魔しない。

さらにカレーのコクが増している感じでした。

カレーもスパイスが効いているのに、マイルドでやさしいお味。

きっと作っている方の人柄があらわれているのしょう。

カレーもっと食べたくなっちゃったので、後日自宅におくっていただくことにしました。


先を急ぐので、せっかくお会いできたのに、

あまりお話もできずお店を後にすることになってしまいました。

カレーの宅配用の伝票を書いていると、

キュートな奥様がチーズ饅頭のおみやげ、しかもできたてで温かいものをくださいました。

IMG_0572-s.jpg

ありがたく道中、いただきました。(また来るぞと心に誓ったのあります)



この先は鳥丸さんがおすすめしてくれた西都原(さいとばる)の

日本最大級の古墳群を見学に行きました。

IMG_0553-s.jpg

街につくと、電柱に埴輪。

おー!気分が高鳴ります。

まず着いてみてびっくり!

見渡す限り、古墳・古墳・古墳・・・

全部で311基もあるそう。

IMG_0559-s.jpg

IMG_0557-s.jpg

IMG_0556-s.jpg

IMG_0567-s.jpg

IMG_0570-s.jpg


実際に見ると本当にびっくりします、圧巻です。

博物館が隣接していてたくさんの出土品が展示されていました。

また古代生活体験館という施設では勾玉作りや土器作り、

火起こし体験などもやっているみたい。

さまざまな古代人の生活体験ができるそうです。

家族で一日楽しめそう。

ゆっくり時間のあるときにたずねましょう。(反省)

さらにあたりは公園になっていて春にはおよそ2000本の桜を楽しめるとか。

太古のロマンを感じる素敵なところでした。



そして急いで宮崎の宿に向いました。

夕飯と焼酎がまっているから!

では写真だけ。

森伊蔵も500円でした。びっくり。

写真では肉や魚ばかりですが、バランスよく野菜も食べていますのでご心配なく。(笑)

IMG_0602-s.jpg

IMG_0595-s.jpg
IMG_0594-s.jpg
IMG_0578-s.jpg
IMG_0608-s.jpg
IMG_0581-s.jpg
IMG_0575-s.jpg
IMG_0591-s.jpg



翌日は日南海岸を南下して、

都井岬までいき

北上して霧島に戻ります。


 つづく(珍道中最終回です)









南九州 珍道中④

さあ、その④ともなると飽きてきた頃ですね。

簡単にサラ~ッといっちゃいましょう!

夜の宿泊は指宿だったので、急きょ枕崎あたりまで行って戻ってこようということに。

目的はかつをの街、枕崎で「かつをラーメン」を食べること。

枕崎の街が近くなると街道の両脇に薪?木がたくさん積んでありました。

なんでだろう?

あっそうか!

かつおぶしやたたきをつくるための薪なんですね!

寄り道ばかりしていたのでやっと着いた枕崎。

おいしくいただきました、かつをラーメン。

IMG_0449-s.jpg

写真ではよくわかりませんが、チャーシューのかわりにかつをの切り身をしょうゆ漬けしたものがトッピングされていました。

澄んだ塩味のスープでとってもおいしかったです。

魚臭くもなく、上品なお味のラーメンでした。

ラーメンを食べた後は市場に直行です!

かつをの冷凍のお刺身やたたきを買って自宅に発送。

帰って後日食べたけど、お刺身おいしかった~!

後でお取り寄せしよ~う。



さて指宿に戻りますよ。

無計画なので、標識や案内看板などをみて、あっ、寄ってみよう!という感じ。

そんな中で何かに引き寄せられるように辿りついたのが、この神社。

IMG_0451-s.jpg

射楯兵主(いたてつわものぬしじんじゃ)神社(別名窯蓋神社)

帰ってきて気がついたのですが、鹿児島県でも有名なパワースポットらしく、近年大人気の神社なのだそう。

週末ともなると多くの人でにぎわっている名所なのだとか。

あいにくこの日は雨が降ったりやんだりで人はすくなめだったので、

ある儀式をゆっくり行うことができました。

その儀式というのが、お釜の木蓋を頭の上にのせて鳥居からお賽銭箱のところまで

蓋を落とさずに歩くというもの。

くわしくは こちら をご覧ください。

有名なスポーツ選手なども訪れ話題になっている神社なのだそう。

ご利益あるかな~。

IMG_0482-s.jpg

IMG_0500-s.jpg

IMG_0501-s.jpg

IMG_0456-s.jpg

IMG_0486-s.jpg

IMG_0497-s.jpg


IMG_0511-s.jpg

IMG_0512-s.jpg

IMG_0519-s.jpg

龍馬とお龍が登った開聞岳を見ながら、指宿にもどりました。

指宿では砂風呂と温泉を楽しみました。

芋焼酎とごちそうも堪能。



そして深夜、寝ようと横になったら・・・

1分いえ、もっと短い周期で体に微かなゴゴゴという振動を感じます。

ちょっと気持ちが悪かったのですが、睡魔には勝てず。

翌朝、ホテルの方に聞いてみると「桜島」ですとの解答。

やはり。活火山すごいなぁ。



この後、宮崎にむかいました。

南九州 珍道中③

珍道中の報告その2から時間が経ってしまいましたが、

つづきを書きたいと思います。

なんだか自分の記憶も薄れてきたので(笑)


夜の勉強会のお話。

初日の夜は鹿児島市内のビジネスホテルに宿泊だったので、

夜は街の居酒屋さんにくりだしました。

お店のお母さんのやさしい鹿児島弁と、

おいしい焼酎に心いやされながら料理を堪能しました。

メニューブックもよく見ないで、

「お母さんのおすすめする鹿児島のおいしいお料理だしてください」とお願いすると

おいしい料理がたくさん並びました。

驚いたのは新鮮さとその値段。

IMG_0395-s.jpg

このお刺身、この盛りでなんと1380円!

本マグロまで入って、ありえない!!!


焼酎も地元風に前割でいただきました。

前割というのは水割りにした焼酎を一晩冷蔵庫で寝かせてまろやかな口当たりにしたもの。

親切なお母さんは

「これを飲んだら、次はこれにしなさいね。こうすると飲み過ぎても二日酔いにはならんよ~。」

と、やさしい。

ほんと、だいぶ楽しませていただいたのに翌朝はすっきり目が覚めました。


あっ、料理に戻りますね。

こちらは鳥刺し。

IMG_0403-s.jpg


レバーやハツもあり、酒の肴にはたまりません。

新鮮だから臭みも全然なく、体にすっと入っていきます。


IMG_0407-s.jpg


これはガブリ。

初めて食べたけど、とってもおいしかったです。

ブリのカマとカマの間にある顎肉みたいなところだそうで、1匹から1個しかとれませんん。

それをから揚げにしてくださいました。

IMG_0414-s.jpg


カラスミも自家製らしく、塩分控えめ。

普通、カラスミっていうと塩辛く少量をいただくものですが・・・

お母さん曰く、鹿児島の人間はやさしいから醤油も塩加減も人も甘めなんだそう。

なるほど、ね。

この後もおいしいものをたくさんいただきました。

IMG_0400-s.jpg

IMG_0420-s.jpg


そして〆に屋台でラーメンを食べて帰りました。

IMG_0438-s.jpg

IMG_0446-s.jpg


翌日はさらに南下します。

28日のブルーベリー援農イベント、猛暑のため内容変更。

130728_1-s.jpg

28日に予定しているチーム36のブルーベリーの援農イベントですが、

猛暑のため内容を少し変更いたしました。

ポタリングとランチは次回にお預け。


①ブルーベリーの食べ放題

②ブルーベリーのおみやげつき

③かぶとむし採り放題

④プレミアムかき氷のおやつつき

中学生以上1500円、中学生未満1000円、未就学児は無料

くわしく こちら をクリック。

締め切りは25日です。

南九州 珍道中②

黒酢醸造所をあとにして、桜島に向かって再び出発!

錦江湾を右回りに南下して桜島を周って、

島からフェリーで鹿児島市内に行こうと思います。



桜島がだんだん近づいてきました。

IMG_0342-s.jpg


近くに大正時代の噴火(降灰)で埋没した鳥居があるというので見にいきました。

何箇所かあるみたいですが、

こちらはすこし高台にある牛根麓稲荷の鳥居です。

埋没した鳥居を1.5mくらい掘りおこし今のような状態になっているそうです。

IMG_0344-s.jpg

IMG_0347-s.jpg


降った灰で埋まるなんて・・・想像もできないような大噴火だったのでしょう。

そう思いながら駐車していた車にもどると、車の窓に灰が積もっていました。

ここ垂水市にお住まいの方はたいへんですね。

活火山と共存するってすごい事だわ。

すこし行くと看板に「道の駅たるみず湯っ足り館」の文字。

もちろん立ち寄りました。

物産館には地元の果物や野菜がところ狭しと並んでいます。

すもも食べたけどおいしかったです。

こちらでいただくすももとは違って皮が薄くて甘くて美味。

生のライチなど珍しい食材がいっぱい並んでいます。

野菜も安くてびっくり。

なす1袋60円とか、葉野菜が1袋50円とか。


そして物産館のわきに「湯っ足り館」文字。

ってことは足湯に入れるのかな?

330円って書いてあるけど・・・

源泉かけ流し??入浴料なの?330円が?

足湯の料金かと思いました。(足湯は無料でした。)

後で気がついたのですが、(ここは対岸の垂水市ですが)鹿児島は市内のいたるところに温泉施設があって、

料金がとっても安いのです、ほとんど300円~400円くらい。

びっくりします。

その上設備も整っていて、こちらでいう銭湯の料金できれいな施設のかけ流しの温泉に入れるのです。

鹿児島市内だけでも源泉が270もあるんですって。

銭湯ももちろん温泉です。

「温泉三昧かごしま市」というパンフがありいただいてきました。

これがまた情報満載でした。日帰り温泉の充実していること!

リンクがありましたので、温泉に行く計画をたてている方、ぜひご覧になってください。

鹿児島の温泉もよかよ。



話は戻って、車は桜島に入り、今度は桜島の道の駅に到着。 

はい、おまたせしました。お昼ごはんです。

ここで食べようと思っていたもの。

IMG_0352-s.jpg

それは桜島の小みかんを練り込んだ小みかんうどん。

セットで頼んだらなんとごはんつき!

てんぷらにはウスターソースをかけていただきました。

てんぷらの衣はフリッターみたいなのね。

肝心のうどんより、てんぷらの味に感動しました。

結構イケル。

うどんは想像していたとおりの味でした。

みかんの皮が練り込んであるうどん、そのもの。

ほんのり香ってうどんの邪魔をしてないのがいいのかも。

デザートのみかんゼリーを食べたのに、

桜島小みかんソフトの文字に誘われてふらふら~

IMG_0358-s.jpg

とってもおいしかったです。

とりわけて食べようと思ったらこんなかたちに・・・ごめんなさい。


人間おなかがいっぱいになったら休憩です。

ちょっと移動して、日本一長い足湯のある公園に。

IMG_0368-s.jpg

IMG_0363-s.jpg

IMG_0362-s.jpg

桜島を、対岸の鹿児島市内を眺めて足湯につかりました。

IMG_0361-s.jpg

もちろん無料ですよ。

あー首までつかりたい(笑)


そのあとは島内を少し観光。

IMG_0366-s.jpg

大きな大きな椿の実です。

そういえばお土産屋さんで椿油売っていました。

名産なのかな。


IMG_0383-s.jpg

IMG_0372-s.jpg

人口6千人の島に7万5千人が集まったという長淵剛の伝説のオールナイトコンサート。

記念のモニュメントがありました。

IMG_0386-s.jpg

ぐるーっと島内を1周したあとカーフェリーで鹿児島市内に渡りました。

ホテルに着いてちょっと休憩。

夜の勉強会(ただの飲み会だろ!)に備えてすこし休みました。


  つづく









南九州 珍道中①

厳しい暑さが続いておりますが、みなさんお元気ですか?

ブログの更新怠っていてすみませんでした。

その間見にきてくださったかたごめんなさいね。

先日、南九州に行ってきました。

目的?

もちろん視察です、研究です。

別名食べ歩きと言う名のお仕事です(笑)

おいしいものがいっぱいありましたので、数回にわけてご紹介していきますね。



鹿児島空港からレンタカーを借りて、ぶらっ~としてきました。

朝の空港でさっそく朝食に「鶏飯」をいただき、旅行モードにスイッチオン。


IMG_0282-s.jpg



偶然開いた旅行パンフに素敵な苔むした古道が載っていたので、

あっ、ここに行ってみたい!

特に予定をたててきたわけではないので、空港の観光案内所で場所をきいて向かいました。

手元に情報は「龍門司(たつもんじ)坂」という名前しかなく、(しかも現地につくまではりゅうもんじざかと読んでいました)

どんなところなのかわからずむかってみると、

古道の入り口にこんな看板が・・・

IMG_0284-s.jpg

IMG_0283-s.jpg


なるほど~ 


古道の入り口付近の住宅の屋根もこんな感じです。

IMG_0290-s.jpg


ほードキドキ。

入り口には親切にツエが置いてありました。

絶対に借りていったほうがいいです!

IMG_0285-s.jpg


このあとツエを借りずにのぼったわたしに悲劇が訪れるとは・・・


龍門司坂(たつもんじざか)
平成18年7月28日 国指定
歴史の道百選(文化庁・平成8年選定)

鹿児島県加治木町山間部に位置、加治木島津家が嘉永8年 (1631年) に造った街道で、全長1,500mの内、山間部の486.8mが当時の状態で見る事が出来ます。大名行列や物資の搬出などに使われ、江戸と薩摩を結ぶ重要な街道でした。

明治10年(1877年)2月、西南戦争では大勢の見送りの人々に送られて、総勢6千名とも言われる薩摩兵士がこの坂道を登って熊本方面を目指したそうで、西郷隆盛もこの街道を兵を率いて人吉目指したそうです。


IMG_0297-s.jpg
IMG_0292-s.jpg
IMG_0306-s.jpg
IMG_0308-s.jpg
IMG_0312-s.jpg


杉の木立の中に苔むした石畳が続いています。

スケさんとかカクさんとかに出会いそうな道です。

時代劇の撮影にはいいですね。



雨上がりだったので、緑が深くとってもきれいだわ。

でも苔に乗ってしまとツルツルして足元が安定しません。

そんなことを考えながら歩いていたその瞬間!

あーーーー、いたっーーーー!

すべってころびました。

スニーカーじゃなかったのよね。

ズボンの両膝が苔で緑色になっちゃったけど、これも記念。

そのまま1日過ごしました(笑)

やっぱりツエ借りてくればよかったわ。


IMG_0314-s.jpg

IMG_0316-s.jpg


坂を登りきって、一般道にでると、

山の間から桜島が迎えてくれました。

それじゃ、桜島に行ってみようか。


そういいながら、別の道を下っていくと滝です、滝!

すごい水量です。

IMG_0323-s.jpg

IMG_0325-s.jpg


前日まで大雨だったらしく、ゴーッという音とともに水煙をあげて流れていく迫力ある大きな滝。

こんなに近くで見られるなんて素晴らしい。

龍門滝(こちらはりゅうもんと読むみたい、日本語ってムズカシイ。)です。

普通、滝っていうと山の奥にあるイメージですが、

えっ、こんなところに滝?って驚くような町の中にあります。

九州自動車道からもその全景が見られます。突然あらわれる大きな滝にびっくりしますよ。

IMG_0331-s.jpg

IMG_0335-s.jpg


この後も付近をウロウロし、桜島に向かいました。

とは言っても寄り道ばかりでなかなかたどり着けないんですけど。


IMG_0340-s.jpg

鹿児島っていったら、黒酢でしょ!

黒酢のドリンクが飲みたくなって黒酢の工場に立ち寄りました。

すっきりさっぱり、おいしいわー。

(写真なしです、ごめんなさい)

個人的にはりんご黒酢の1年物っていうのがおいしかったです。

梅にもあうみたいなので、来年の今頃、梅ジュースつくるとき黒酢を入れて作ってみようと思います。


付近には黒酢の醸造所がたくさんあって、こんな風景が見られます。

黒酢畑から桜島を望む。

煙がモクモクでています。

おーい、桜島待ってろよ~!


   つづく

とった! 食べた! つかまえた!  つくばの夏をひとりじめ

わたしも参加しているチーム36(山麓)が応援している援農イベント。
次の開催が決まりましたのでお知らせいたします。2つご案内させていただきます。

超盛りだくさんです!!!


==========

7/28(日)とっておきの夏休み援農イベント

130728-s.jpg拡大

「とった! 食べた! つかまえた!  つくばの夏をひとりじめ 」

ブルーベリーkabutomushi-s.jpg


フレッシュな絶品ブルーベリーを食べ放題!+おみやげつき
園内ではカブトムシも採り放題!
隠れ家でのおいしいカフェランチを食べた後は、山麓フリーポタリングへ!
そして、いい汗流した後は、フワッフワの手削りかき氷が食べ放題!
夏の思い出といっしょにおみやげもどっさりお持ち帰りください。


●日時:7月28日(日)9:30~16:00 【雨天決行】
  ※自転車でもお車でもご参加いただけます。

●集合場所:つくば市・豊里交流センター(旧豊里庁舎)駐車場
      
~ ブルーベリーファーム ~ Pit Stopつくば北条 ~ 隠れ家ランチ ~ 山麓フリーポタリング ~ かき氷食べ放題

●参加費:中学生以上4500円・小学生以下3000円・未就学児は無料(ランチはつきません)
  ※親子参加には割引があります。
  ※虫かごは200円で販売します。お手持ちのものがあればご持参ください。
  ※スケジュール途中までのご参加の場合も返金はいたしかねます。
  ※怪我などは自己責任でお願いします。ご心配な方はご自身で保険にご加入ください。

●オプション:レンタサイクル500円・レンタルヘルメット500円(先着10名様まで)
  ※フリーポタリングマップをさしあげます。※レンタサイクルは保険に加入済。

●お申込みの方には、詳しいスケジュールとブルーベリーファームの場所をお知らせします。

●お問い合わせ・お申込み:team_sanroku☆yahoo.co.jp までお願いします。
 (☆を@にかえて送信して下さい)
 メールタイトルには「ブルーベリー」を入れていただき、
 本文の中で、①ご住所・②お名前・③年齢・④当日連絡がつく電話番号・⑤オプションの有無 をお知らせください。

●締め切り:7月25日(または定員になり次第終了)
まだ残席がありますので、ふるってお申込みください。

________________________________________


<次回の予告>

残暑に負けず朝活を! 女子限定ポタリング。

「♪ 神社・ジンジャ~ ♪」 

山麓の由緒ある神社3社とパワースポットを自転車で巡った後、
夏の疲れを吹き飛ばすジンジャエールを手作りします。
おたのしみ里山弁当と懐かしいおやつ、ジンジャエールコンクのおみやげつき。

●日時:9月8日(日)8:00~15:00  【雨天決行・内容変更】
●集合場所:「Pit Stopつくば北条」
●参加費:未定(後日ご案内します)


==========