2013年11月

桜が咲いています

りんりんロードに桜が咲いているよーと教えてもらったので、見にいきました。

この時期に桜!?

さくらのトンネルは葉も散ってしまってこんな感じ。

IMG_2226-s.jpg

あたりは紅葉。

IMG_2230-s.jpg

すすきもきれい。

IMG_2229-s.jpg


なのに、ほんとに咲いていました!

IMG_2234-s.jpg

4,5本の桜の木がかわいい花を咲かせていました。

狂い咲きかと思いきや、今頃咲く種類のようです。

紅葉と桜が一緒に見られるなんて不思議ですね。



途中、宇都宮からやってきたという男性2人組とお会いしました。

筑波山と紅葉を背景に写真をとっておられたので、

近くに桜が咲いていますよとお声掛けすると、

「えっ?ホント?」

「ところでどこから来たのですか?」と逆に聞かれたので、

近所ですよとおこたえすると

「いいね、こんな素敵なところに住んでて!」と。



はい、とってもいいところですよ。

また遊びにきてくださいね。と言ってお別れしました。




改めて考えてみると、こんな素敵なところはないかもしれませんね。(笑) 


スポンサーサイト

麦を蒔きました

晴天だった昨日、アーリーレッド(紫たまねぎ)の植え付けと大麦の種を蒔きました。

大麦は来夏、おいしい麦茶を飲むためです。ただそれだけ。

SBSH0149-s.jpg SBSH0151-s.jpg
こんな写真じゃ何もわからないですね。ごめんなさい、雰囲気だけ(笑)



蒔いたのは六条大麦。

ビール用の麦(二条大麦)とはことなり、日本に昔からある品種です。

麦茶や麦ご飯用にする小粒の大麦です。

2、3週間ほどすると発芽するので、そうしたら麦踏ですね。

『踏まれて強くなる』

人間同様、麦もたいへんね。

うまくいけば来年6月頃にはおいしい麦茶がのめるはず。

とっても楽しみです。




畑では夏に植え付けした白菜の苗が大きく育っていました。

年末キムチ漬け教室でもやろうかとたくらんでおります。

手作りキムチもおいしいよね~。

この件については改めて書きますね。



11月最後の週です。

今週もみなさん元気にお過ごしください。





紫峰

昨日、今日の筑波山は紅葉狩りのお客様でたいへんにぎわっていた様子。

山裾からも日に日に紅く色づいていく山がきれいです。

「あか」と言えば、先日燃えるような夕焼けの日がありました。

SBSH0141-s.jpg

SBSH0144-s.jpg


雨上がりで、空も、道路にたまった水たまりも真っ赤に染まっていました。

筑波山は?とふと見ると、紫色に染まっていて、

正に紫峰の山になっていました。


SBSH0126-s.jpg



納豆を手造りしよう!

そろそろ大豆の新豆が出回る頃。

煮豆もいいけど、おいしい納豆を手造りしてみませんか?

発酵料理教室最終日だった昨日は『納豆』がテーマでした。

納豆料理をいくつか楽しんだあと、納豆を手造りし、お持ち帰り。

温度管理以外は何も難しいことはありません。

レシピを書いておきますので、ぜひ作ってみてください。




納豆菌は???

大丈夫ですよ~

市販の納豆から簡単にとりだしますので!





<作りやすい分量> って書いたけど、かなり多いです(笑)

大豆 500g

市販の納豆 1/2パック

熱湯 70ccくらい


<作り方>

大豆は洗ってたっぷりの水に一晩つけておきます。
指でつぶせるくらいまでやわらかく煮ます。(本当は蒸したほうがおいしい)
煮ると2倍強の量になります。なので、仕上がりは1kgちょっと!

茶碗に納豆を入れ、熱湯を70ccくらい注ぎます。(雑菌は死にます)
ぐるぐるかき混ぜたあと、5分ほど放置します。
この上澄み液を納豆菌液として使います。

放置している間に、熱々の大豆をざるにあげて水気をきっておきましょう。

ボウルに大豆を移し、大豆があたたかいうちに納豆菌液をまんべんなくふりかけます。納豆は入れないでね。

そしてあたたかいうちに容器に詰めます。
お惣菜用のフードパックが便利ですが、小分けする場合は紙コップに入れて(半分くらいまで)ラップをして輪ゴムをかけ、ラップに楊枝などで穴を数か所あけておきます。
納豆の発酵には酸素が大量に必要なので、大豆の上に空間を設けて、密閉しないことが大切です。

このまま40度くらいを20~24時間くらい保ち続ければ、表面がうっすら白くなり、納豆が完成します。
この時点でもいただくことができますが、その後は発酵がすすまないように冷蔵庫で保存します。
1日くらいおいて熟成させてからのほうがおいしいです。一週間ほどで食べきることがおすすめ。

市販の納豆パックは40~45gくらいなので、1kgあると、20パック分(以上)できます。
冷凍保存もできますので、おいしい大豆で作ってぜひご家族で楽しんでください。

IMG_2168-s.jpg

IMG_2172-s.jpg

IMG_2174-s.jpg

IMG_2169-s.jpg


保温の方法ですが、私は保冷(保温)バッグに、熱湯をいれたペットボトルを数本入れて、タオルをのせます。
そのうえに納豆パックをならべ、更にタオルをかぶせて保温しています。
温度が下がったら、お湯は取り替えます。
とにかく40度くらいで保温できればいいので、湯たんぽを入れてもいいし、こたつ(臭いが^_^;)とか使い捨てカイロを利用するとか、工夫してみてくださいね。

調理に使う器具は熱湯消毒してから使うことをおすすめします。

この日は北海道産のとよまさりの一等級豆を使用。
甘くておいしい大粒の大豆。
納豆にする人はいないですね(笑)

簡単に作りたい方は市販の水煮の豆を温めて、そこに納豆菌液をかけるという方法もあります。
また、冷凍の枝豆をさやから取り出して作ると簡単枝豆納豆になります。



手造りなら、

いろいろな種類の豆で、おいしい納豆が作れるってわけです。



秋深し

筑波山の紅葉が見ごろをむかえています。

山頂付近は散り始めているそうですが、筑波山神社、ケーブルカー乗り場周辺は見ごろ。

もみじライトアップとケーブルカー夜間運行中です。

くわしくはこちらをご覧下さい。



本日、ふもとからの写真。

色づき具合はよくわからないですね(笑)

IMG_2161-s.jpg

IMG_2154-s.jpg





昨年の12月初旬、神社とケーブルカー乗場周辺のようす。

IMG_8880-s.jpg

IMG_8973-s.jpg

IMG_8979-s.jpg

IMG_8981-s.jpg


紅葉狩りにどうぞお出かけください。

今朝は・・・

寒かったですね~

SBSH0122.jpg

寒いわけです、氷がはっていました。

まだ11月半ばなのにね。

明日は寒さがゆるむそう。

でも雨みたいですね。

気温の変化で風邪ひきさんも多いみたい。

お大事にしてくださいね。


夢叶う。

いつもお世話になっている洋一郎兄さんから、たかなの漬けものをいただきました。

それがね、株ごとつけたものなの。

よくある刻んだものや、中国産のつけものではなく、

国産の手作りの大きな株!

塩抜きして、夢だった「たかなのおむすび」にしました。

新米に新ごまを混ぜたものを大きな大きなたかなの葉で巻きました。

IMG_2138-s.jpg

IMG_2144-s.jpg



もう、最高です。




先日お届したお弁当

IMG_2112-s.jpg

お届けしたお弁当のメニューは、

白エビと蓮根の炊き込みごはん
鯵のりフライ
若鶏の梅紫蘇あげ
こんにゃくのきんぴら
かぼちゃ煮
エビマヨ
ペンネのサラダ
ロマネスコのオリーブオイル和え
柿とだいこんの酢のもの
高菜漬け
きのこたっぷりスープ
おからのケーキ


お召し上がりいただいたお客様、ありがとうございました。

ヨーグルトを使ったレシピ

発酵食品(今回はヨーグルト)をテーマに先日2回目の料理教室を行いました。

発酵食品をたっぷりトッピングしてピザを焼こうとレシピを書いていたのですが、

生地にも何か特徴をだしたいなと思いヨーグルトを入れて焼きました。

高温で焼くと外はかりっと中はモチっとした食感です。

ベーキングパウダーを使っていますが、いれなくてもおいしく焼けます。

残ったヨーグルトで漬けもの床も作りました。

こちらは同じ発酵食品のみそをあわせるだけの簡単つけ床です。

両方レシピを書いておきますので試してみてね。

ヨーグルトは牛乳などに乳酸菌を入れて発酵させた食品です。
整腸作用や美肌効果、新陳代謝のアップ、たくさんのパワーを秘めています。


IMG_2126-s.jpg

IMG_2129-s.jpg


<ピザ生地の材料> 1人分
強力粉 50g
薄力粉 50g
ベーキングパウダー 小さじ1/2
砂糖 小さじ1/2
塩 ひとつまみ
ヨーグルト(プレーン)70cc
オリーブオイル 大さじ1
打ち粉(強力粉)   適量
オーブンシート 1枚

<トッピング>
発酵トマト(※普通のトマトでも)
サラミ
オリーブ
アンチョビ
たまねぎ
チーズなどをお好みで用意します

<トマトソース>
トマト缶(ホール)
ハーブ
※缶の水気を切り、残ったトマトをつぶしハーブを混ぜたものをソースとして使います。

<作り方>
1 ビニール袋にオリーブオイルとヨーグルト以外の材料を入れ、口を軽く押さえてふり混ぜる。
2 1にヨーグルトとオリーブオイルを少しずつ加えよく混ぜる。全体がまとまったら、打ち粉をしたまな板に取り出して、表面がなめらかになるまでこねる。
3 ラップでふんわり包み、20分ほど休ませる。
4 オーブンシートの上に生地をおき、麺棒でのばす。
5 フォークで数か所穴をあける。
6 シートにのせたまま、220~230℃に予熱したオーブンで3~4分間焼く。(通常のピザ生地より柔らかめ)
7 一度取り出して、ソースを塗り、お好みの具材をのせます。最後にチーズをのせ、再びオーブンで10分くらい、チーズがとけてこんがりするまで焼きます。



IMG_2116-s.jpg

<ヨーグルトと味噌でおつけもの>

つくりやすい分量
ヨーグルト(プレーンでも加糖でも)100cc
みそ 大さじ4くらい(ヨーグルトと同量まで増量可、お好みで加減してください)
お好みの野菜 きゅうり、かぶ、セロリ、にんじんなど
密閉容器またはビニール袋

<作り方>
1 密閉容器またはビニール袋にヨーグルトとみそを入れよく混ぜます。
2 お好みの野菜を袋に入れ、冷蔵庫で保存します。漬ける野菜にもよりますが、2~3時間で食べることができます。

<応用>
豚肉や鶏肉を漬け込むのもおすすめ。
その場合、少し甘い(みりんや砂糖を加えてください)ほうがおいしいです。
お醤油を少しくわえると味がしまります。
漬け床を落としてグリルやフライパンで焼いていただきます。
ヨーグルトとみその発酵食品でうまみアップです。

酒粕をつかったドリア

IMG_2026-s.jpg


発酵食品シリーズ。
先日H子ちゃんに教えてあげるって約束したレシピ。

酒粕を使ったドリアです。
加熱しますが完全にアルコールがとぶことはありませんのでお子様にはNGです。

酒かすは悪玉のLDLコレステロールの値を下げてくれたり、お通じを改善してくれたり
抜群の健康パワーを秘めています。ビタミンB群やアミノ酸など栄養やうまみの宝庫でもあります。

<材料> 4人分

じゃが芋(北あかりがおすすめ) 4個
※里芋でもおいしいです。
 その場合は塩は不要。チーズ控えめでみそ味にすると和風ドリアになります。
鶏もも肉 1枚
玉ねぎ 1個

酒粕   100g(これ以上多くしないように)
お湯   80cc

オリーブオイル 大さじ1
塩    少々
こしょう 少々

小麦粉 大さじ1
豆乳 300cc
コンソメ 1個

チーズ 適量
ごはん  適量

<作り方>

1 芋は皮をむいて1cmの厚さに切っておく。一度水にさらしてからラップをして、レンジで加熱。
2 玉ねぎは半分に切り薄切り。 鶏肉は食べやすい大きさに小口に切っておく。
3 酒かすは小さくちぎってレンジでやわらかくした後、お湯80ccの中に入れ、泡立て器を使ってよくまぜておく。
4 フライパンにオリーブオイルを熱し、玉ねぎ、鶏肉を入れ炒め、塩とこしょうで調味。
5 火が通ったら弱火にし、小麦粉をふって、焦がさないよう1,2分炒める。
6 3の酒粕、豆乳、砕いたコンソメキューブを入れて煮溶かす。焦げやすいのでよくかきまぜ、とろみがつくまで煮ます。
7 グラタン皿にごはんを入れ、その上に芋を入れて、鶏肉の入ったソースをかける。
8 チーズをのせ、オーブンで表面に焼き色がつくまで焼きます。230度×10分くらい。


体があたたまりますよ~~
寒い夜にはおすすめです。