2015年08月

かぼちゃとエバミルクと黒糖の濃厚プリン

長いお付き合いをしているかぼちゃ大好きな友人がいます。

毎回、今日のかぼちゃデザートは何?何?と楽しみにやってきてくれます。

これは先日つくってあげた変わりだねのかぼちゃプリン。

IMG_9262-b.jpg

おいしかったよ~って今回もよろこんでくれました。

その言葉が一番うれしい。

レシピアップしておくので興味ある方はお試しください。


IMG_9246-b.jpg


【材料】
かぼちゃ 皮と種を除いて正味400gくらい
エバミルク 1缶 400cc(練乳でも)
砂糖 60g(練乳の場合はなし)
卵 3個(全卵使用 好みで卵黄だけでも)
しょうがのしぼり汁(またはカルダモンパウダー少々)小さじ1杯くらい
シナモンパウダー(プリン液に加えて焼いても、仕上げにかけても)
粉黒糖 適量


【作り方】
かぼちゃはレンジでやわらくして裏ごしします。

IMG_9249-b.jpg

IMG_9248-b.jpg

エバミルクに砂糖を入れて鍋で少し温めます。焦がさないようかき混ぜながら弱火で。
少し温めたエバミルクに、溶き卵としょうがのしぼり汁、シナモンパウダーを加えて、かぼちゃとあわせます。
更に裏ごしします。

耐熱容器に黒糖をギュッと押しながら敷き詰めます。
これがカラメルのかわり。

IMG_9250-b.jpg

そこにそ~っとプリン液を流し入れ、
160度に予熱しておいたオーブンで蒸し焼きにします。
天板には湯をたっぷり注いでおきます。

およそ50分。

冷めたら切り分けていただきましょう。

IMG_9268-b.jpg


コーヒーよりも濃い緑茶があうプリンです。

何人分って?
カット次第ですが普通なら8人分。

友人はこれを3人で食べちゃいました(笑)



スポンサーサイト

秋茄子は、、、嫁が食べます。

秋茄子は嫁に食わすな。
諸説ありますが、私はたべます。(笑)

お盆までの暑さが嘘のよう。
雨も少し降って、茄子がおいしくなりました。
ワーイ。

IMG_9300-b.jpg


青とうがらしもちょうど食べごろだったので、
茄子と一緒に味噌炒めに。(味噌、みりん、砂糖、しょうゆで調味)
冷蔵庫を見たら、豚ひき肉が残っていたので、一緒に加えて調理しました。

IMG_9342-b.jpg

IMG_9348-b.jpg


白いごはんがすすむ、すすむ!

背景が黄色なのは、黄金色の田んぼの稲穂の色。

今年は早くも今月中に稲刈りが始まるそうです。

この味噌炒め、飽きたら(飽きる前になくなっちゃうとおもうけど)

調味料がわりに、炒り卵にあわせてみたり、いためたトマトにくわえて使ってもおいしいです。



食欲の秋ですね。






赤紫蘇で

更新さぼっていてごめんなさい。
記録用の写真は撮っていたので、順次アップしますね。



先日のこと。
農産物直売所にいったら赤紫蘇がたくさん売っていました。

IMG_9306-b.jpg

そういえば、最近目がつかれるので(年のせい?)アントシアニン(ポリフェノール)たっぷりの赤紫蘇ジュースでも作ってみようかな。
夏バテ防止にもなるのでたくさん買ってきました。

作り方テキトーですが、書いておきますね。

出来上がりで1.5リットルくらい(2~3倍の水やソーダで割っていただきます)になります。

【材料】
赤紫蘇 400~500g(今日は3束)
水 3リットル
砂糖 500g(今日はてんさい糖)
米酢 200cc(少ない量でつくるならレモンでも)
※材料は目分量で大丈夫ですよ~

まずは赤紫蘇を洗って、ざるにあげておきます。
かたい茎ははずして葉だけにします。
茎がついたままでも大丈夫だけどね。

鍋(アルミ鍋は避けます)に水を入れ沸騰させます。
そこに赤紫蘇を入れアクをとりながら10分ほど煮ます。

IMG_9312-b.jpg

IMG_9318-b.jpg

一度濾して葉を取り除きます。

砂糖を加え、再び火にかけて10分ほど煮て、砂糖をよくとかします。

アクもきれいにすくったらお酢を加えて火を止めます。

すると鮮やかな色に変身!

これを冷まして密閉容器にいれて冷蔵庫で保存します。

冷たい水やソーダで割っていただきます。

IMG_9338-b.jpg

料理やデザートにも使えますのでぜひお試しください。


明日からは暗闇もよく見えるかも! キラ~ン。