2017年01月

弁天様

今年の弁天様(飯名神社の例祭)は1月30日でした。

友人らを誘って、つくば道を歩いて神社に向かいます。

1月とは思えないあたたかさで、朝からたくさんの人が集まっていました。

IMG_1699-rm.jpg

露天が並び、いいにおい。

お腹すいた~

だめだめ、買い物は帰りに(笑)

IMG_1703-rm.jpg

IMG_1709-rm.jpg

IMG_1705-rm.jpg

神社の境内にはたくさんの人。

これから福餅がまかれるので、みなさん待機中。

帽子を広げて待機していた友人はたくさんお餅をゲット。

IMG_1713-rm.jpg

福はみんなでわけあって、一件落着。

IMG_1729-rm.jpg

社務所で新しい福銭をいただき、

ご神体の後ろの川でお財布の中のお金を銭洗いをしたら、さあ、お買い物に行くぞ~!

IMG_1737-rm.jpg

IMG_1736-rm.jpg

ここの露店はめずらしく、昔ながらの道具やさんが人気です。

刃物や農器具もあります。

竹かご屋さんのおじちゃんとおばちゃん、今年もお元気でした。

IMG_1734-rm.jpg

IMG_1733-rm.jpg

IMG_1735-rm.jpg

都内からやってきた友人は背負い篭を買って、電車に乗って帰りました。

道中、たくさんの人に声をかけられて人気者だったそうです(笑)

そして、つくば味工房さんのお庭でお昼ごはんのおもてなしをうけて(ごちそうさまでした)、

お腹も心もいっぱいになりました。

午後からは「つくばねファーム」さんに向かい、いちご狩りを堪能しました。

つくばねファームさんは色んな種類のいちごを育てているので、

いちごの食べ比べができます。

甘さだけでなく、香りや、酸味の違いがあって、

私はこっちが好き、わたしはこれなんて、たのしいいちご狩りでした。

わたしは写真も撮らず、いちごに夢中♪ だったので、

宇都宮から参加してくださったAさんがおいしそうないちごの写真と、

夕日に照らされる、美しい筑波山の写真をくださいました。

ありがとうございます。

16409413_371374919906953_86597969_o-rm.jpg

tsukuba-rm.jpg

あたたかい人とたくさんふれあえた一日でした。

たくさんの福がみなさんにも届きますように。




スポンサーサイト

筑波山梅林の「蝋梅」が見ごろです!

筑波山梅林の蝋梅が見ごろです。

甘~い香りに誘われておもてなし館の脇を登っていくと、

P_20170119_143405-m.jpg

満開の蝋梅が迎えてくれました。

P_20170119_142522-m.jpg

P_20170119_142347-m.jpg

東屋の斜面には紅梅が既に咲いていました。

うっすらピンク色になっているの、わかるかな?

P_20170119_142756-m.jpg

白梅も咲きはじめています。

P_20170119_142944-m.jpg

きっと来月の梅まつりオープンの頃は見事に咲いていることでしょう。

楽しみですね。


だいこんの漬けものの会を開きました

先日、だいこんの漬けものの会を開きました。

糖しぼり大根の柚風味のつけものと福神漬けつくり。

生憎、作業工程を撮った写真がありませんが(笑)

おいしくできました。

完成品の写真のみでごめんなさい。

福神漬けはちょっと時間がかかりますが、糖しぼり大根は簡単ですので、レシピを書いておきます。

余った大根があったらぜひ作ってみてくださいね。

柚は入れてもいれなくても、お好みでどうぞ。



糖しぼり大根

<作りやすい分量>

大根 500g
塩  大さじ1
三温糖 大さじ10くらい
(グラニュー糖の場合は大さじ8くらい)
酢 大さじ3~(柚のしぼり汁を加えても)
柚の皮  少々

<手順>
1.大根は洗って皮をむき半分に割る。
2.袋に入れ、塩をまぶしてもむ。
3.さらに砂糖を入れてもむ。
4.少しおいて水分がでてきたら、酢、柚の皮を加える。

砂糖の量が多くてびっくりするかもしれませんが、甘くするという目的ではなく脱水の為に使っています。

1日目でもいただけますが、2,3日して水分が更に抜けてくるといっそうおいしくなります。

冷蔵庫で保存してくださいね。

P_20170111_181705-m.jpg