タカキビのてりやきバーガー

本日は古河のサークル館で雑穀料理教室の初日でした。(全3回)

今日のメニューは麦の入ったスープとタカキビのてりやきバーガー。

お肉のかわりにタカキビを使用しました。

ミートミレットとも呼ばれるタカキビ。

その食感はまるでひき肉のようでよくお肉の代用とされます。

栄養価も高く、ポリフェノールや食物繊維も多く含みます。



このタカキビを炊いて、れんこんやしいたけ、たまねぎなどを混ぜ込み

ハンバーグの種にします。

こんがり焼いた後、てりやきソースにからめます。





野菜と一緒にパンにサンドしていただきました。

野菜は生野菜だけでなくソテーしたナスやピーマンもサンドしました。

そして、ハンバーガーといえばチーズもつきものですよね?

アワと豆乳でチーズ風味のソースも作り添えました。

雑穀でチーズ風味のソースができるなんておどろきでしょ?

アワには善玉コレステロール値をアップさせる働きがありますので

普段の食事にもぜひ取り入れてほしいですね。

白米に少量を混ぜて炊くだけも効果がありますよー。



このバーガーお肉なしですが、ボリューム満点です。

雑穀料理というと地味なものが多いですが、

手をかけるとこんな風に「おいしく・楽しく」食べることができます。

雑穀や菜食に興味を持っていただけるきっかけになればうれしいです。

参加者のみなさんにも喜んでいただけたようで、

そんなきっかけ作りの楽しい一日になりました。


次回は雑穀と豆のカレー、雑穀のビスケット、そしてきびだんごを作りたいと思いま~す。

また次回もよろしくお願いします。

スポンサーサイト