水ようかん

暑い夏の午後、「冷た~い水ようかんをお腹一杯食べたい」と子供のころよく思いました。

お中元でいただく水ようかんはちょっと高級で、量も少なめで、

あずきを食べたから次は抹茶なーんて言って、もう1個おかわりしたいんだけど、

家族の目が怖くて・・・仕方なくがまん。


大人になったら絶対たくさん食べてやる!と思ったものでした。

でも大人になっちゃうと1個で充分なんですよね(笑)



お腹いっぱい食べたい方は自分でつくりましょう。

市販の練り餡を利用すればあっと言う間にできちゃいます。



たくさん食べたい人用(笑)
10人分くらいの分量と作り方をを書いておきます。

粉寒天 6g(大さじ1くらいです)
練り餡(つぶあんでもこしあんでもお好みで)1kg
水   1リットル
塩   少々(今ブームの塩味がきいたものにするには多めに入れてください)

鍋に水と粉寒天を入れ火にかけます。
沸騰したら火を弱め、かき混ぜながらさらに2分ほど沸騰させて寒天を完全に溶かします。
そこに練り餡を加え良く混ぜます。
お塩も加えてください。
粗熱が取れたら容器に入れて固めます。
急ぐ場合は氷水を張ったボウルなどに容器を入れて冷やせば、すぐ固まります。

お盆休みにみなさんでどうぞ。


そろそろ固まったみたい。
いただきまーす。

IMG_0697-s.jpg

つぶあんです。





スポンサーサイト