からし漬け(なす)

2日前のおつまみの記事のつづきです。

一番左側の小鉢に盛ったもの。

なすのからし漬け。

IMG_2538-s.jpg


家族が大好きなのですが、自分があまり好きではないので

気が向いたときにしかつくらないの。

秋なすももう終わりだし、よーし!

気合いを入れて作りました。

とは言っても、超簡単。



和からしの辛さはメーカーにも好みにも寄ります。

辛み(風味)が飛びやすいので、作った時はとっても辛くても次食べるときはまろやかになっていたりします。

密封して保存しましょう。 



<つくりやすい分量>

なす 5-6本
粉の和からし (大さじ2-4くらい、好みで調整してください)
塩 大さじ1
砂糖 大さじ3-4(お好みで)
水 適量
ビニール袋 1枚


<作り方>

ビニール袋に和からし、砂糖、塩、食べやすい大きさに切ったなす、なすが浸るくらいの水(80-100ccくらいだと思います)を入れ軽くもむ。

ビニール袋の口をしめ、半日くらいおいておけば食べられます。

きゅうりでもできますよ。

その場合は砂糖の量、塩の量を少なくします。水の量はごくわずかにします。

きゅうりは、漬けてから1時間ほどで食べることができます。

どうぞお試しください。



粉からしには風味の面で劣るけど、チューブの練りからしでも作れそうですね。



スポンサーサイト