手作り納豆

本日は納豆を作りました。

120204_174102.jpg

前日から水に浸しておいた小粒大豆を使います。

茹であげ、納豆菌をつけます。

120205_122430.jpg

120205_122425.jpg

納豆菌は市販の納豆から取り出して培養。

培養とは名ばかりで、納豆数粒に熱湯(雑菌は死滅しますが、納豆菌は死にましぇ~ん)を

かけておいた納豆液をつかいます。

納豆数粒には約10億個の納豆菌がいると言われていて、

そのうち何割かが胞子の状態でいるので、それを取り出して使うわけです。

ヨーグルトをつくるとき、市販のヨーグルトを種菌にするのと一緒ですね。

温かい大豆と菌を混ぜて容器に詰めます。

120205_122430.jpg

写真は紙コップに詰めたもの。

ラップをして輪ゴムをかけ、空気穴をいくつか空けます。

呼吸するので大豆は容器の半分くらいに収めます。

この状態で、45度くらいで一晩おくと翌朝には糸が引いているはず。

その後は冷蔵庫に入れて熟成させます。

1週間~10日くらいが食べごろ。

とっても簡単で超経済的。

そしてとってもおいしい。

手作りって楽しいね。


スポンサーサイト