うなぎにするか、しじみにするか

本日は丑の日。

夏の土用と言えばやっぱりうなぎ。

昔からご馳走だったけど、最近の高騰ぶりでめっきり食卓にのぼる回数が減りました。

夏の土用には夏バテをしないよう、うなぎだけでなく、土用しじみ、土用卵、土用餅(あんころ餅)を食べる地域もあります。


そもそも夏の土用にうなぎを食べるというのは江戸末期からはじまったと言われています。

学者の平賀源内さんが、夏にうなぎが売れないからと近所のうなぎ屋さんに相談され、

そこで「本日土用丑の日」と張り紙をしたら大繁盛したというのがきっかけ。

(平賀源内さんは他にも商品のキャッチコピーを手がけています、おもしろいので後で検索してみてね)

また丑の日だから「う」の付くものを食べると病気にならないという迷信もあって、うなぎが人気になったらしい。

すばらしいマネージメントですね。






今夜のメニュー、これからお財布と相談してみます。

うなぎが買えなかったら、しじみにするか・・・・


「う」のつくもの何かほかにあるかなー?

あっ、梅干し。

忘れてた土用干ししなくちゃ。








スポンサーサイト