思い出

数年前に亡くなった義父が、

夏になると、唐辛子味噌の紫蘇巻きをつくっていました。

普段から料理などしないのに、フライパンに入れた紫蘇巻きを

コロコロ箸で転がしながら焼いている姿が印象的でした。

晩酌をしながら、出来上がった紫蘇巻きをうれしそうに食べていたことを思い出します。


IMG_5089-s.jpg


紫蘇と青とうがらしがあったので、義父をおもいながら作ってみました。

どのような工程と味付けでとうがらし味噌を作っていたかは知らないので、

この先はあくまでも想像です(笑)

IMG_5091-s.jpg


青唐辛子は刻んで油でよく炒めます。

そこに味噌と砂糖、少量の醤油、酒、みりんを加え練り上げました。

熱いとゆるく、巻きにくいので冷めるまでおいておきます。


IMG_5094-s.jpg


IMG_5095-s.jpg

紫蘇の葉に味噌をのせてくるっと巻きます。楊枝で留めなくても大丈夫ですよ。

フライパンに油を熱し、巻き終わりを下にした紫蘇を入れてコロコロ焼きます。

写真のように、焦げ目がつくくらいがおいしいです。

IMG_5097-s.jpg


熱々のごはんがすすむ、おいしい田舎のおかずです。






スポンサーサイト