スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男爵

IMG_5396-s.jpg

カリカリベーコン入りの男爵芋のサラダです。

男爵芋、きゅうり、アーリーレッド、カリカリに炒めたベーコン。
マヨネーズを少しだけ。


品種改良が盛んなじゃがいもの中でおよそ100年以上前から作られている男爵芋。


芋らしい(!?)味がして好きですが、最近はかなり減りましたね。
芽が深く、皮をむいたあと色が変わりやすいですからね。

なんで「男爵」なのかご存じですか?

函館の川田龍吉男爵が、外国の種苗商から購入した種イモをいくつか試作させ、
その中で好成績をおさめた芋が広がったのですが、
品種名が不明だったので、川田男爵にちなんで「男爵薯」と呼ばれるようになったそうです。
(原品種名はアメリカの「Irish Cobbler」であることが後に確認されています)

作物の名前も由来を聞いてみるとおもしろいですよね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。