スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハバネロとジョロキア

とうがらしの栽培名人さんからいただきました。

ハバネロとジョロキア。

IMG_5503-s.jpg


下段の黄色とチョコレート色がハバネロです。
未熟な実は緑ですが、熟すと鮮やかな色にかわるそうで、写真のほかにもピンクとか数種の品種があるそうです。
ハバネロとはブラジルやアメリカなどが主な産地のとうがらしの一種で、激辛スナックなどに使われて有名になりましたね。


IMG_5505-s.jpg


それまで世界一辛かったとうがらしハバネロですが、上段のジョロキア(オレンジ色)に席を明け渡しました。

ジョロキアはインド、バングラディシュ産のとうがらしで、カプサイシンの量はハバネロの2倍といわれています。

どちらも素手で触って調理するとたいへんなことになります。

噂ではこのジョロキアよりも辛いとうがらしが既にあるそう。

さて、これから酢漬けにしようと思います。

作り方は簡単。

薄切りにしたものを、酢・塩・砂糖・水を一度沸騰させた調味液に漬け込むだけ。

また報告しますね。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。