『青いトマトに恋してる』 ご参加ありがとうございました

先週、急きょ決まって募集をさせていただいた援農イベント「青いトマトに恋してる」が無事に終了いたしました。

急な募集でしたが、お集まりいただきありがとうございました。

筑波山麓周辺の活性化を願う、地域の女子グループが「チーム36(山麓)」と名乗り、

はじめて開催した援農イベント。

今回はつくば市大曽根でトマトを生産している、女性農業士の根本さんを応援させていただきました。

根本さんは大安吉日というおいしいトマトを作っていらっしゃいます。

そのおいしさにたくさんのファンがいると聞いております。

わたしもそのひとりですが。

残念ながら大安吉日も出荷が終わり、ハウスの中の片づけをしなくてはいけない時期になりました。

しかし、まだまだおいしいそうな実がたくさんなっています。

一般向けの出荷は終わっても、加工用のトマトの収穫がまだあるそうです。

青いトマトもたくさんなっていて、それらを収穫してしまわないと、ハウスの片づけが終了しません。


ならばみんなで収穫しようよ。 

そしてその調理法も伝授して、ついでにおいしいトマト料理も食べちゃおう!

ってことで今回に至りました。(単純で勢いのみですがそれもイベント運営には大切なこと!?)



本日の様子をご紹介します。

まずはみんなで集合して(集合場所にはスタッフ手作りの看板!)、根本さんのハウスに向かいました。

DSCN0365-s.jpg


今朝は気温が低めだったので、絶好のトマト収穫日和と思ったのは甘かった!

やっぱりハウスの中は暑かったです。

シーズン終わりのハウスの中は、なんだか森の様。


DSCN0373-s.jpg

DSCN0371-s.jpg


ハウスに入って現場を体験することで、いつも食べているトマトがひと味もふた味も違ってくるのではないでしょうか。

そして袋いっぱいのトマトを収穫して、みんなで満面の笑み。

DSCN0388-s.jpg





その後場所をかえて、「食する作業」に移りました。

青いトマトはハーブやスパイスを加えてピクルスにしましょう。


IMG_0244-s.jpg

IMG_0247-s.jpg

IMG_0252-s.jpg


IMG_0272-s.jpg

実際はデモのみで、材料をお持ち帰りいただきました。



そしてお待ちかねのお昼ごはん。

収穫したばかりの完熟トマトと夏野菜をつかって、かわりそうめん。

作業を分担してみんなで完成を目指します。

トマトの他の材料は、にんにく、なす、ズッキーニ、アーリーレッド、ルッコラ、バジル。

山麓の畑で採れた無農薬の野菜とハーブです。

オリーブオイルで炒めたり、細かく刻んで、ボウルにあけておきます。

IMG_0273-s.jpg

味付けは根本さん特製のケチャップと塩こしょう、レモンのしぼり汁を少々。

茹でて水気をきったそうめんを具と和えて、オリーブオイルをかけて完成。

薪窯で焼いたイタリアパンを添えていただきました。

IMG_0274-s.jpg

IMG_0276-s.jpg


お肉は使わず、野菜のみでしたが、旨さがじんわりしみるおいしいそうめん料理になりました。

そして手作り赤紫蘇ジュースやコーヒーをのんだり、談笑しながら楽しい時間を過ごしました。

こういう、ゆる~いイベントもいいなと思いました。


7月にも援農イベントを計画しています。

今度はブルーベリー農家さんを応援する企画。

詳細が決まりましたらお知らせいたしますので、

またご協力、ご参加いただけたらうれしく思います。

みなさんありがとうございました。

準備不足だったところはゆるしてね。

スポンサーサイト