南九州 珍道中①

厳しい暑さが続いておりますが、みなさんお元気ですか?

ブログの更新怠っていてすみませんでした。

その間見にきてくださったかたごめんなさいね。

先日、南九州に行ってきました。

目的?

もちろん視察です、研究です。

別名食べ歩きと言う名のお仕事です(笑)

おいしいものがいっぱいありましたので、数回にわけてご紹介していきますね。



鹿児島空港からレンタカーを借りて、ぶらっ~としてきました。

朝の空港でさっそく朝食に「鶏飯」をいただき、旅行モードにスイッチオン。


IMG_0282-s.jpg



偶然開いた旅行パンフに素敵な苔むした古道が載っていたので、

あっ、ここに行ってみたい!

特に予定をたててきたわけではないので、空港の観光案内所で場所をきいて向かいました。

手元に情報は「龍門司(たつもんじ)坂」という名前しかなく、(しかも現地につくまではりゅうもんじざかと読んでいました)

どんなところなのかわからずむかってみると、

古道の入り口にこんな看板が・・・

IMG_0284-s.jpg

IMG_0283-s.jpg


なるほど~ 


古道の入り口付近の住宅の屋根もこんな感じです。

IMG_0290-s.jpg


ほードキドキ。

入り口には親切にツエが置いてありました。

絶対に借りていったほうがいいです!

IMG_0285-s.jpg


このあとツエを借りずにのぼったわたしに悲劇が訪れるとは・・・


龍門司坂(たつもんじざか)
平成18年7月28日 国指定
歴史の道百選(文化庁・平成8年選定)

鹿児島県加治木町山間部に位置、加治木島津家が嘉永8年 (1631年) に造った街道で、全長1,500mの内、山間部の486.8mが当時の状態で見る事が出来ます。大名行列や物資の搬出などに使われ、江戸と薩摩を結ぶ重要な街道でした。

明治10年(1877年)2月、西南戦争では大勢の見送りの人々に送られて、総勢6千名とも言われる薩摩兵士がこの坂道を登って熊本方面を目指したそうで、西郷隆盛もこの街道を兵を率いて人吉目指したそうです。


IMG_0297-s.jpg
IMG_0292-s.jpg
IMG_0306-s.jpg
IMG_0308-s.jpg
IMG_0312-s.jpg


杉の木立の中に苔むした石畳が続いています。

スケさんとかカクさんとかに出会いそうな道です。

時代劇の撮影にはいいですね。



雨上がりだったので、緑が深くとってもきれいだわ。

でも苔に乗ってしまとツルツルして足元が安定しません。

そんなことを考えながら歩いていたその瞬間!

あーーーー、いたっーーーー!

すべってころびました。

スニーカーじゃなかったのよね。

ズボンの両膝が苔で緑色になっちゃったけど、これも記念。

そのまま1日過ごしました(笑)

やっぱりツエ借りてくればよかったわ。


IMG_0314-s.jpg

IMG_0316-s.jpg


坂を登りきって、一般道にでると、

山の間から桜島が迎えてくれました。

それじゃ、桜島に行ってみようか。


そういいながら、別の道を下っていくと滝です、滝!

すごい水量です。

IMG_0323-s.jpg

IMG_0325-s.jpg


前日まで大雨だったらしく、ゴーッという音とともに水煙をあげて流れていく迫力ある大きな滝。

こんなに近くで見られるなんて素晴らしい。

龍門滝(こちらはりゅうもんと読むみたい、日本語ってムズカシイ。)です。

普通、滝っていうと山の奥にあるイメージですが、

えっ、こんなところに滝?って驚くような町の中にあります。

九州自動車道からもその全景が見られます。突然あらわれる大きな滝にびっくりしますよ。

IMG_0331-s.jpg

IMG_0335-s.jpg


この後も付近をウロウロし、桜島に向かいました。

とは言っても寄り道ばかりでなかなかたどり着けないんですけど。


IMG_0340-s.jpg

鹿児島っていったら、黒酢でしょ!

黒酢のドリンクが飲みたくなって黒酢の工場に立ち寄りました。

すっきりさっぱり、おいしいわー。

(写真なしです、ごめんなさい)

個人的にはりんご黒酢の1年物っていうのがおいしかったです。

梅にもあうみたいなので、来年の今頃、梅ジュースつくるとき黒酢を入れて作ってみようと思います。


付近には黒酢の醸造所がたくさんあって、こんな風景が見られます。

黒酢畑から桜島を望む。

煙がモクモクでています。

おーい、桜島待ってろよ~!


   つづく

スポンサーサイト