大蔵大根と桜島大根

来年1月頃に地元の小学生親子とおいしい切干大根をつくる計画をしています。(くわしはまた後日)

逆算すると8月~9月には種を蒔かなくてはいけません。

はぁ~食べるってたいへん。



このあたりで主流の大根といったら「青首大根」ですが、

この度、種苗屋さんに切干大根に適した種を探してる旨を伝えたところ、

「大蔵大根」と「練馬沢庵大根」をおすすめしてくれました。

そこで「大蔵大根」を作ってみることにしました。

大蔵大根???このあたりではあまり、その名前を聞くことがないので、ちょっと調べてみると・・・

ウィキ

なるほど~ 江戸の伝統野菜だったんですね。

水分が少なくて甘みが多いらしい。

きっとおいしい切干ができるのだろうと、今から楽しみです。


IMG_9622-s.jpg
写真は今年のはじめにつくった切干だいこんです。


実はね先日桜島に行ったときに「桜島大根」の種を買ってきたのでこれも蒔いてみたいと思います。

土が違うのであまり大きくはならないとは思いますが。


でもね、山麓の砂地でつくる大根はとってもおいしいです。

期待に胸がふくらみます。


この大根をおでんにして、先日仕込んだ三升漬をちょっと添えてたべてみたいな~~


あ~ 冬がたのしみ♡

スポンサーサイト