日本でただひとつの

昼も夜も休みなしの7日間、僧侶たちが立行法要をおこなっているお寺があると聞いて出かけてきました。

西蓮寺というお寺です。

場所は行方市。 24日から30日まで法要が行われています。

霞ケ浦を背にして高台へあがっていくとそのお寺はありました。

782年創建の古刹です。


IMG_1489-s.jpg


仁王門(室町時代)をくぐると、参道には小間物や刃物、木工品、食料品などの露天が並んでいます。

実はここに出店している竹細工のお店のおじちゃんとおばちゃんに会うのも目的のひとつでした。

IMG_1490-s.jpg

今年はじめ、地元筑波の飯名神社の弁天様のときに、おじちゃん、おばちゃんから竹籠を購入したのでした。

とっても素敵な品で、他にはどこで出店しているのか伺ったところ、西蓮寺の7日間法要のときにでているわよとおっしゃっていたので、会えることを楽しみに足を運びました。

こんにちは!

いらっしゃいました。お元気そうでした。

今日は、おしゃもじをいただいてきました。 おじちゃんが作った逸品です。

そして木工屋さんでイチョウの大きなまな板を購入してきました。

どちらも大事に使わせていただきます。





IMG_1525-s.jpg

IMG_1514-s.jpg

IMG_1491-s.jpg


敷地内には彼岸花の群生地があります。満開になっているところもあれば、まだまだつぼみでこれからが見ごろのところもありました。

IMG_1509-s.jpg

樹齢1000年をこえる大きな銀杏の木もあります。

IMG_1503-s.jpg

国指定の重要文化財になっている弘安の役の戦勝記念として1287年につくられたの相輪橖(そうりんとう)があったり(比叡山延暦寺、日光の輪王寺のものと並び貴重なものです)、


木造の薬師如来様がいらっしゃったり、歴史のあるお寺です。

健康とみんなの幸せを願ってお寺を後にしました。

帰りに見た、霞ヶ浦の夕焼けがとってもきれいでしたよ。

IMG_1553-s.jpg

7日立行は30日まで。

お時間ありましたら、出かけてみてください。

とっても素敵なお寺でした。


スポンサーサイト