ヨーグルトを使ったレシピ

発酵食品(今回はヨーグルト)をテーマに先日2回目の料理教室を行いました。

発酵食品をたっぷりトッピングしてピザを焼こうとレシピを書いていたのですが、

生地にも何か特徴をだしたいなと思いヨーグルトを入れて焼きました。

高温で焼くと外はかりっと中はモチっとした食感です。

ベーキングパウダーを使っていますが、いれなくてもおいしく焼けます。

残ったヨーグルトで漬けもの床も作りました。

こちらは同じ発酵食品のみそをあわせるだけの簡単つけ床です。

両方レシピを書いておきますので試してみてね。

ヨーグルトは牛乳などに乳酸菌を入れて発酵させた食品です。
整腸作用や美肌効果、新陳代謝のアップ、たくさんのパワーを秘めています。


IMG_2126-s.jpg

IMG_2129-s.jpg


<ピザ生地の材料> 1人分
強力粉 50g
薄力粉 50g
ベーキングパウダー 小さじ1/2
砂糖 小さじ1/2
塩 ひとつまみ
ヨーグルト(プレーン)70cc
オリーブオイル 大さじ1
打ち粉(強力粉)   適量
オーブンシート 1枚

<トッピング>
発酵トマト(※普通のトマトでも)
サラミ
オリーブ
アンチョビ
たまねぎ
チーズなどをお好みで用意します

<トマトソース>
トマト缶(ホール)
ハーブ
※缶の水気を切り、残ったトマトをつぶしハーブを混ぜたものをソースとして使います。

<作り方>
1 ビニール袋にオリーブオイルとヨーグルト以外の材料を入れ、口を軽く押さえてふり混ぜる。
2 1にヨーグルトとオリーブオイルを少しずつ加えよく混ぜる。全体がまとまったら、打ち粉をしたまな板に取り出して、表面がなめらかになるまでこねる。
3 ラップでふんわり包み、20分ほど休ませる。
4 オーブンシートの上に生地をおき、麺棒でのばす。
5 フォークで数か所穴をあける。
6 シートにのせたまま、220~230℃に予熱したオーブンで3~4分間焼く。(通常のピザ生地より柔らかめ)
7 一度取り出して、ソースを塗り、お好みの具材をのせます。最後にチーズをのせ、再びオーブンで10分くらい、チーズがとけてこんがりするまで焼きます。



IMG_2116-s.jpg

<ヨーグルトと味噌でおつけもの>

つくりやすい分量
ヨーグルト(プレーンでも加糖でも)100cc
みそ 大さじ4くらい(ヨーグルトと同量まで増量可、お好みで加減してください)
お好みの野菜 きゅうり、かぶ、セロリ、にんじんなど
密閉容器またはビニール袋

<作り方>
1 密閉容器またはビニール袋にヨーグルトとみそを入れよく混ぜます。
2 お好みの野菜を袋に入れ、冷蔵庫で保存します。漬ける野菜にもよりますが、2~3時間で食べることができます。

<応用>
豚肉や鶏肉を漬け込むのもおすすめ。
その場合、少し甘い(みりんや砂糖を加えてください)ほうがおいしいです。
お醤油を少しくわえると味がしまります。
漬け床を落としてグリルやフライパンで焼いていただきます。
ヨーグルトとみその発酵食品でうまみアップです。

スポンサーサイト