JAS法

みなさんはお買い物されるときにJASマークを気にしていますか?



加工食品に関しては、食品衛生法と、農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律(JAS法)で安全性などの基準が定められています。



また、10年位前に、特別な生産方法や、特色ある使用原材料を用いたものは特徴を表示できるようになりました。



例えば、ソーセージを買うときに表示されているJASマークをご覧になってください。

【JAS特級】【JAS上級】【JAS標準】などと表示されています。

まあ、好みにもよりますが、特級がおいしいです(値段はもちろん高いです)

塩せきに何日以上とか、使用原料が特定されていたりとか、厳しい基準が設けられています。



お醤油の規格もおもしろいです。

いろいろなメーカーのものがありますが、

含有する窒素分(うまみ分)やアルコールの量などによって格付けされています。



【JAS特級】濃い口醤油で1.5%以上のうまみ(全窒素)分を含む。

【JAS上級】濃い口醤油で1.35%以上のうまみ(全窒素)分を含む。

【JAS標準】濃い口醤油で1.2%以上のうまみ(全窒素)分を含む。



買い物される際、品選びに迷ったときにはJAS表示をご覧になってください。









スポンサーサイト