主役になる福神漬

幼いころ、家には酒悦さんの瓶づめがよくありました。
お中元とかお歳暮等でいただいたものだと思います。
中身は福神漬けとか佃煮とかで、
子どもながらにもっとおいしいものがいいのに~と思った記憶があります。
今にして思えば、贅沢品だったのに、子どもにはその味がわからなかったのですね。

大人になっていつの間にか大好きになった福神漬け。
おいしいんだけどやはり脇役っぽい(笑)

たっぷり食べたいときはお家にある野菜でつくります。
レシピを書いておきますので、よかったお試しください。
脇役から主役になりますよ。

以下の材料にしその実が入ると本格的です。(季節柄、手に入らなかったので)
れんこんもいれると食感がよいです。

IMG_0366-b.jpg

だいこん1本
長なす2本
にんじん2本(写真のものは長いので1本です)
きゅうり4本(写真には2本しかありませんが後から追加しています)
しょうが100gくらい
ゆでたけのこ150g

だいこん、なす、にんじん、きゅうりは食べやすい大きさに切って塩をします。
(塩は重量の5%くらい)
重石をして1時間以上おいておきます。

IMG_0371-b.jpg

IMG_0373-b.jpg

ゆでたけのこも食べやすい大きさに。
しょうがは千切りにしてとりわけておきます。

漬けた野菜は水で洗ってざるで水をきります。さらに手で水気をしぼります。

大きめの鍋に、しょうゆ200cc、みりん200cc、酢100cc、さとう100gを入れて沸かします。

IMG_0376-b.jpg

その中に野菜を入れます。しょうがと、たけのこも加えます。

IMG_0377-b.jpg

火をとめて、3~4分おいたら、ざるにあけて漬け汁は再び鍋に戻して火にかけます。
10分くらい煮て水分を飛ばします。

再び野菜を入れて3~4分おきます。
またまたざるにあけて漬け汁は鍋に戻して沸騰させます。10分くらい煮詰めたら野菜を戻し入れます。

IMG_0381-b.jpg

IMG_0389-b.jpg

ぴりっとさせたい場合はとうがらしを加えてもおいしいです。

このまま味をなじませます。

IMG_0410-b.jpg

5時間くらいおいたもの。
しっかり味がしみています。

さらにこの福神漬、卵に混ぜて焼いたり、調味料として使うのもおすすめです。

ただしごはんの食べすぎに注意してくださいね。
スポンサーサイト