伽羅蕗

伽羅蕗=きゃらぶき

4月から6月くらいまでに出回る蕗でつくるとおいしいです。
蕗の煮物は皮をむきますが、きゃらぶきにする場合は煮崩れを防ぐため、皮はむかないほうがいいです。
長期保存ができますので、この時期にたくさん作っておくと便利です。

先日作ったレシピを書いておきますね。

細めのやわらかそうな蕗を選びました。
写真のものは一把150gくらいでした。

IMG_0352-b.jpg

まな板の上で塩をふって板ズリします。

4,5cmの長さに切って、熱湯で茹でます。

IMG_0359-b.jpg

IMG_0361-b.jpg

香りを残したいので、茹で時間は3分くらい。

きれいに洗ったら水にさらします。30分くらい。
(味見してアクがつよいようであれば更に水にさらします。)

煮汁を作ります。
だし汁 300cc
酒 大さじ1
みりん 大さじ1
しょうゆ 大さじ1
(あくまでもわたしの好みです、途中で味見して調整してください)

鍋に煮汁の材料を入れ、火にかけます。
沸騰したら水気をきった蕗を入れます。

極弱火にして1時間ほど、煮汁がなくなるまで煮ます。

強火で一気に煮るとかたくなってしまうのでご注意。

飴色になった蕗、おいしいですよ。

IMG_0401-b.jpg


結局、長期保存用につくったのに、食べきってしまいました。

またつくりマース。

スポンサーサイト