「おはぎ」と「ぼたもち」

春のお彼岸です。

食べましたか、おはぎ?ぼたもち?



もち米を蒸し、つぶして、まるめ、餡やきなこなどをまぶしたものをいいます。

お彼岸や、四十九日の弔明けに食べていたものです。



そもそも、おはぎとぼたもちどこが違うのか?

漢字で書くと、お萩と牡丹餅。

春の彼岸に食べるものを、その頃咲くぼたんの花に見立てて「ぼたもち」

秋は萩の花に見立てて「おはぎ」



大きいぼたんの花にちなんで こしあんで作った大きなものを「ぼたもち」

つぶあんでつくった様が萩の花のようなので「おはぎ」  小さなものが「おはぎ」・・・

庶民がいただくのが「ぼたもち」・・・・ などと諸説ありますが、定かではありません。

また地域によって「あんころ餅」と呼んだりもします。



秋は豆の収穫の時期なので、皮もやわらかい。 よってつぶあんで。

春は皮がかたくなってしまうのでこしあんに、という説も。

でもこれは昔の話であって、保存や、調理技術の進んだ現在では一年中、

つぶあんもおいしくいただけます。



ただ両方にいえるのは、あずきの赤い色には邪気を払う効果あると信じられていたので、祖先の供養と結びつき、お彼岸の頃に食べられるようになったということです。

要は、どちらも同じなのかな?

みなさんは何と呼んでいますか、おはぎ?ぼたもち?



週末サークルで作るので、また報告しますね。



スポンサーサイト