スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

零余子

零余子 なんと読むでしょう。

答えは「むかご」







山芋の子供です。

秋になると芋蔓の葉の付け根のところに小さなものが成ります。

ほんと小さいの。

だけど食べるとちょっとヌルッとして山芋のコクがあります。



ごはんに入れて炊きました。

秋の味覚「むかごごはん」

昨晩いただきました。







山などに自生しているものなので、

都会に暮らす方々はあまりお目にかかる機会がないでしょう。

田舎暮らしの醍醐味。



ごはんだけでなく、塩茹にしたり、おしょうゆで煮たりしていただきます。



「むかご」覚えておいてね♪





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。