春のシフォン

春のシフォンケーキといえば、、、桜ですか?いちご?



よもぎのシフォンを焼きました。

またまた完成品の写真がないのですが。



春の香りいっぱいのケーキに仕上がりました。

使用したよもぎは長野産の乾燥よもぎ。

粉末ではない、立派なよもぎです。









あずきではなく、グリーンピースで作った餡を添えました。

(これも写真ないけど)















ベーキングパウダー不使用ですが、

卵白を多めに入れてメレンゲの力でふわふわに仕上げています。



レシピアップしました。作ってみてね♪

ほうじ茶にもよくあいます。





 ブログランキングに参加しています。
以下の分量で焼くとかなりふわふわ生地になります。

粉少な目だから、軽いです。

手でちぎると「しゅわ~」って音がしますよ、本当に!



17cm焼き型1台分



<材料>卵はLサイズを使用しました

卵黄 3個分

卵黄用砂糖 30g

サラダ油 40ml

水 50cc

薄力粉 60g

乾燥よもぎ 10g 



卵白 4個分

塩 少々

レモン汁(またはお酢)少々

卵白用砂糖 40g



焼き時間170℃×40分



<準備>

・ ボウルに油分や水分がつかないよう、きれいにふいておきます。

・ 卵黄と卵白に分け、それぞれボウルに入れておきます。

・ 薄力粉は1度ふるっておく。

・ オーブンを温めておく(焼く温度よりも高めに設定して予熱)

・ 乾燥よもぎは水で戻し、フードプロセッサー(又はすり鉢)で細かくして  水気を切っておきます。



<作り方>

1 ボウルに入った卵黄をよくかき混ぜる。

混ざったら砂糖を加えてどんどんかき混ぜましょう。

もったりと白っぽくなるまで混ぜてください。 



2 サラダ油を少しずつ加えていきます。

なじんだら水を入れてよく混ぜる。



3 ふるっておいた薄力粉を再びふるいにかけながら入れます。

よもぎも加えて混ぜます。

あまり混ぜすぎると粘りがでてしまうので注意。



4 卵白のボウルに移ります。塩とレモン汁を少々入れかき混ぜます。

塩とレモン汁(またはお酢)を入れると、早くメレンゲができるのと、

腰があってきめ細かいメレンゲになります。

なれてきたら入れなくてもOKです。

よく混ざったら砂糖を2-3回に分けて入れ、とにかくかき混ぜる。

ここで怠けるとふわふわになりません。

キメが細かくなってきたらよく観察しましょう。

つやが出てきて、角がピンとたつようになったらOKです。

逆さまにしても落ちないくらいしっかり立てましょう。

しかし、混ぜすぎるとボソボソになってしまい、

ケーキもパサパサになってしまうのでほどほどに。



5 3に4のメレンゲの半量を入れ、泡立て器で混ぜなじませます。

残りの半量を加え、ゴムベラに持ち替えて泡を消さないよう、

切るように混ぜます。泡が消えないようにね。



6 焼き型に流し入れましょう。

ゆっくりと少しづつ、流し込んだら、

生地を型の壁面になすりつけ、

焼いたとき生地の立ち上がりをよくします。

型を軽くゆすって10センチくらいの高さから数回落とします。

この作業で中に入った空気が外にでていきます。



7 必ず、予熱しておいたオーブンに入れましょう。

オーブンは機種によって焼き加減が違います。

設定時間、温度にかかわらず、

様子を見ながらアルミホイルをかぶせてみたり、

時間を延長したりして調節しましょう。

 

8 焼き上がったらオーブンから出してすぐに逆さにして冷まします。

中心の筒にあう瓶や、コップなどをあらかじめ用意しておくと便利です。



9 冷めたら型から外していただきましょう。
スポンサーサイト