万葉集にも登場する

万葉集にも詠まれている藤の花、

今が見頃です。



筑波山にもこのようにたくさん自生しています。

普段はそこに藤があるなんて気がつかないのだけれど

花がさくと、「あっ、藤の花!」ってあたりが薄紫色になります。

写真ではわかりにくいですが、

かなり大きなものがあちこちにあります。







実はこの藤の花、食べられるそうです。

天ぷらやサラダ、酢の物でいただくそうです。

(試したことはまだありませんが)





 ブログランキングに参加しています。
スポンサーサイト